小嶋陽菜、ドラえもんとのツーショットで“腰の位置高すぎ”な圧巻スタイルを披露! 「ドラえもん129.3cm」

元AKB48でタレントの小嶋陽菜さんが、8月5日に自身のX(旧Twitter)を更新。超ミニ丈のショートパンツ姿を披露し、抜群のスタイルをあらわにしました。(サムネイル画像出典:小嶋陽菜さん公式Xより)

元AKB48でタレントの小嶋陽菜さんが、8月5日に自身のX(旧Twitter)を更新。超ミニ丈のショートパンツ姿を披露しました。

【実際の投稿:小嶋陽菜、圧巻スタイル際立つ超ミニ丈ショーパンコーデ】
 

「こじはるの足が長いのかorドラえもんが短すぎるのか」

小嶋さんは「やっぱり夏はドラえもんだよね」とつづり、3枚の写真を投稿。実寸大と思われるドラえもんと撮影したツーショットを公開しました。小嶋さんは美脚を大胆にあらわにした超ミニ丈のショートパンツ姿で、ドラえもんの横に立っています。横並びになることで小嶋さんの抜群のスタイルがより際立って見える印象です。

ファンからは「ドラえもん129.3cm ってことはこじはるさんの腰の位置高っ!!!」「にゃんにゃんちゃんめっちゃスタイル良い」「こじはるの足が長いのかorドラえもんが短すぎるのか(笑)」「余計にスタイル良く見える!」「はるちゃんドラちゃんの夢のコラボや」など、称賛の声が多く寄せられています。
 

YouTubeでVlog動画を公開

小嶋さんは2017年4月に同グループを卒業すると、以降はタレント活動やライフスタイルブランド「Her lip to」のプロデュースなど、幅広い分野で活躍。YouTubeチャンネル「HARUNA KOJIMA's cat nap」では日常を切り取ったVlog動画などを公開しています。気になった人はぜひチェックしてみてください。
 


>次ページ:小嶋陽菜さんのVlog動画も見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応