『ゼルダの伝説』シリーズの好きな作品ランキング! 2位『ゼルダの伝説』、1位は?

6月26日~7月7日にAll About ニュース編集部が実施した「任天堂のゲームに関するアンケート」の結果から、『ゼルダの伝説』シリーズの好きな作品ランキングを発表します。(サムネイル画像出典:『ゼルダの伝説』公式X(旧Twitter):@ZeldaOfficialJPより)

5月にシリーズ最新作が登場した『ゼルダの伝説』シリーズ。初代の発売から30年以上が経過した現在、さらなる盛り上がりを見せる任天堂のゲームシリーズです。

本記事では、6月26日~7月7日にAll About ニュース編集部が実施した「任天堂のゲームに関するアンケート」の結果から、『ゼルダの伝説』シリーズの好きな作品ランキングを発表します。

>12位までの全ランキング結果を見る
 

第2位:ゼルダの伝説(68票)


2位にランクインしたのは『ゼルダの伝説』(初代)。1986年に発売されたシリーズ1作目のソフトで、現在は有料サービス「Nintendo Switch Online」への加入や、「ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説」の購入によってプレイできます(2023年8月4日時点)。

自由回答では、「昔の思い出が詰まっているから(30代女性)」「一番初めにプレイしたシリーズというのもあって記憶にとても残っているから(40代男性)」など、初代の作品に懐かしさを感じるという人が多く見られました。
 

第1位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(69票)


1位に輝いたのは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。目的達成までの決まった道筋がなく、プレイヤーが自由に遊べる「オープンワールド型」のゲームが最も多くの票を獲得しました。

コメントを見ると、「オープンワールドで何通りも楽しめるから(30代女性)」「オープンフィールドでやりこみ要素も多くて飽きないから(30代男性)」などの意見がありました。オープンワールドならではの自由度の高さが、多くの人を魅了した様子がうかがえます。

※回答者コメントは原文ママです

>12位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。Twitter:てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない