スターバックス リザーブ ロースタリー 東京に夏限定ドリンクやフードが6月28日から登場!

スターバックス リザーブ(R) ロースタリー 東京では、6月28日よりサマーシーズンがスタート。今回は「Riverside Joy」をテーマに爽やかなビバレッジやフードが登場します。(サムネイル画像出典:プレスリリースより)

ロースタリー 東京でサマーシーズンがスタート(画像出典:プレスリリース、以下同)

スターバックス リザーブ(R) ロースタリー 東京では、6月28日よりサマーシーズンがスタート。今回は「Riverside Joy」をテーマに爽やかなビバレッジやフードが登場します。
 

「コーヒーエイド(R)」の新フレーバーが登場

1階のメインバーでは、前年好評だったコーヒーの新領域を体験できる「コーヒーエイド(R)」が登場。フレーバーは、爽やかなフルーティーさを味わえる「コーヒーエイド(R) オレンジ ディライト」「コーヒーエイド(R) ライム ミント」の2種類です。

■「コーヒーエイド(R) オレンジ ディライト」(イートイン:税込1050円 テイクアウト:税込1031円)
コーヒーエイド(R) オレンジ ディライト

特殊な抽出方法を採用した透明感のあるコーヒーとフレッシュなオレンジのバランスが絶妙。爽やかさとすっきりとした甘さ、コーヒーの香ばしい風味でリフレッシュできます。


■「コーヒーエイド(R) ライム ミント」(イートイン:税込1100円 テイクアウト:税込1080円)
コーヒーエイド(R) ライム ミント

透明感のある味わいのコーヒーにフレッシュなライムとミントを加えた、清涼感あふれる夏にぴったりのビバレッジです。
 

「ティバーナ(TM) フローズン」シリーズが新登場

2階のティバーナ(TM)には、夏の風物詩として新たに「ティバーナ(TM) フローズン」シリーズが登場。ラインアップは、「ティバーナ(TM) フローズン トロピカルアドベンチャー」「ティバーナ(TM) フローズン シトラス ラベンダー セージ」「ティバーナ(TM) フローズン 抹茶 ピスタチオ」の3商品で気分に合わせて選ぶことができます。


■「ティバーナ(TM) フローズン トロピカルアドベンチャー」(イートイン:税込1250円 テイクアウト:税込1228円)
ティバーナ(TM) フローズン トロピカルアドベンチャー

トロピカルフルーツの味わいが楽しめるティー「トロピカルアドベンチャー」を使用した、南の島のリゾートへ来たかのような気分にさせてくれる一杯です。

■「ティバーナ(TM) フローズン シトラス ラベンダー セージ」(イートイン:税込1100円 テイクアウト:税込1080円)
ティバーナ(TM) フローズン シトラス ラベンダー セージ

ティバーナ(TM)の代表的商品でもある「シトラス ラベンダー セージ」を使用。爽やかな香りとシトラスの甘み、酸味が程よく合わさり、暑い夏にぴったりです。

■「ティバーナ(TM) フローズン 抹茶 ピスタチオ」(イートイン:税込1350円 テイクアウト:税込1326円)
ティバーナ(TM) フローズン 抹茶 ピスタチオ
色鮮やかな抹茶と、ピスタチオの濃厚なまろやかさの相性を楽しめる一杯。トッピングしたバニラアイスクリームの芳醇(ほうじゅん)な甘さも堪能できます。
 

ベーカリーブランドからはマンゴーを存分に味わえるケーキが登場

スターバックスのベーカリーブランド・プリンチ(R)からは、夏らしいマンゴーを使った「クロスタータ マンゴー トロピカーレ」が登場。食べ進めるごとにさまざまなマンゴーの口当たりと味わいを楽しめます。ジューシーでフレッシュなマンゴーが口いっぱいに広がり、夏らしさを存分に味わえる華やかなケーキです。

■「クロスタータ マンゴー トロピカーレ」(イートイン:税込1080円 テイクアウト:税込1060円)
クロスタータ マンゴー トロピカーレ

スターバックス リザーブ(R) ロースタリー 東京のほか、プリンチ 代官山T-SITE、スターバックス リザーブ(R) ストア 銀座マロニエ通り、スターバックス コーヒー 丸の内オアゾ店、スターバックス コーヒー ニュウマン横浜店、スターバックス コーヒー 玉川高島屋S・C店で取り扱いがあります。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化