スターバックスとPORTERが初コラボ! シックなデザインのバッグやステンレスボトルが6月21日から登場

スターバックスコーヒージャパンから、バッグブランド「PORTER」と初のコラボ商品7アイテムが登場。6月21日からオンラインストアにてコラボ商品を販売します。また、「PORTER」と「スターバックス リザーブ(R) ロースタリー 東京」とのコラボ商品3アイテムが登場するほか、6月21〜30日にスターバックス ポップアップストアをPORTER OMOTESANDO、 PORTER TOKYOにて開催します。(サムネイル画像出典:プレスリリースより)

スターバックス×PORTERのコラボ商品が登場(画像出典:スターバックス×PORTER特設サイト、以下同)

スターバックスコーヒージャパン(以下、スターバックス)から、バッグブランド「PORTER」との初コラボ商品が登場。6月21日から、ボトルやバッグなど全7アイテムをオンラインストアにて販売します。価格はボトルが4900円、バッグが2万9000~3万8000円。

さらに「PORTER」と「スターバックス リザーブ(R) ロースタリー 東京」(以下、ロースタリー 東京)とのコラボ商品も登場。こちらも6月21日からオンラインで販売し、価格はボトルが6000円、バッグが4万6000円。6月21〜30日には、スターバックス ポップアップストアをPORTER OMOTESANDO、 PORTER TOKYOにて開催します。
 

それぞれのブランドカラーを取り入れた「スターバックス×PORTER」のコラボ商品

「スターバックス×PORTER」のコラボ商品全7アイテム

スターバックスとPORTER、各ブランドを象徴するカラーを取り入れたオリジナルデザインのボトル3種とバッグ4種の全7アイテム。ボトルはブラック、ホワイト、オレンジと3色展開で、バリスタのエプロンを身に着けた「ポーターくん」があしらわれた、持ち歩くだけで気分が上がりそうなデザインです。サイズは各473ml。

コーヒー豆にインスパイアされたオリジナルデザインのバッグは、2サイズ展開。通勤にも最適な16インチのPCが収納できるサイズと、スマートフォンやお財布などが入るちょっとしたお出かけにぴったりなSサイズです。どちらも底面がコーヒー豆のような形状で、内装にボトルが出し入れしやすいポケットが付いています。鮮やかなスターバックスグリーンのカラビナが付いており、カラーはブラック、ダークグリーンの2色展開です。
 

初日は1会計当たり各商品1点まで

6月21日6時より、スターバックス公式オンラインストアにて販売を開始予定。販売初日のみ1会計当たり各商品1点までで、2日目以降は1人1商品につき10点まで購入可能です。

■「PORTER ステンレスロゴボトル ブラック 473ml」(4900円)
PORTER ステンレスロゴボトル ブラック 473ml

■「PORTER ステンレスロゴボトル オレンジ 473ml」(4900円)
PORTER ステンレスロゴボトル オレンジ 473ml

■「PORTER ステンレスロゴボトル ホワイト 473ml」(4900円)
PORTER ステンレスロゴボトル ホワイト 473ml

■「PORTER コーヒービーン シェイプ ドラムバッグ S(ブラック)」(2万9000円)
PORTER コーヒービーン シェイプ ドラムバッグ S(ブラック)

■「PORTER コーヒービーン シェイプ ドラムバッグ S(ダークグリーン)」(2万9000円)
PORTER コーヒービーン シェイプ ドラムバッグ S(ダークグリーン)

■「PORTER コーヒービーン シェイプ ドラムバッグ(ブラック)」(3万8000円)
PORTER コーヒービーン シェイプ ドラムバッグ(ブラック)

■「PORTER コーヒービーン シェイプ ドラムバッグ(ダークグリーン)」(3万8000円)
PORTER コーヒービーン シェイプ ドラムバッグ(ダークグリーン)
 

>次ページ:ロースタリー 東京とのコラボ商品も登場

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化