伊織もえ、布面積少なめビキニでの寝そべりショットを披露! 「至宝のムチムチ」「一瞬、何も着てないように見えた」

コスプレイヤーの伊織もえさんは6月11日、自身のInstagramを更新。大胆に肌を見せたグラビアショットを披露しました。(サムネイル画像出典:伊織もえさん公式Instagramより)

コスプレイヤーの伊織もえさんは6月11日、自身のInstagramを更新。大胆に肌を見せたグラビアショットを披露し、反響を呼んでいます。


【実際の投稿:伊織もえ、布面積少なめビキニでの寝そべりショット】
 

「一瞬、何も着てないように見えた」

伊織さんは「おはよする?」とつづり、1枚の写真を投稿。自身の代名詞ともなっている「#きゅるん」のハッシュタグも添えました。布面積の少ないベージュ色のビキニを着用し、よく見ると胸元が濡れています。寝そべった姿が、伊織さんの圧巻のボディを際立たせており、セクシーな魅力が存分に伝わってくる印象です。

ファンからは「パーフェクトボディ」「一瞬、何も着てないように見えた」「至宝のムチムチ」「たまらん眺め」「スタイル抜群ですね」「かわいいおへそ」など、称賛のコメントが寄せられています。
 

ウエディングドレス風の水着姿も公開

また、伊織さんは12日にも投稿を更新。「本日発売のヤングキングで #表紙担当 させて頂いております」とつづり、自身が表紙を務めた雑誌『ヤングキング』2023年13号(少年画報社)のカバーショットを公開しました。伊織さんが「今回はなんと表紙がレアなウェディング水着です…!」と紹介している通り、純白のウエディングドレスをモチーフにした水着を着用。こちらでも圧巻のボディを大胆に披露していますが、衣装のコンセプトからより清楚(せいそ)なイメージを受けます。セクシーな魅力にあふれた、伊織さんの今後の投稿にも期待したいですね。
 

>次ページ:伊織もえさんのウエディングドレス風の水着姿を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」