【ファミマ】165円でインドを旅した気分が味わえるグミを、牛乳と一緒に食べてみた結果

ファミリーマート(ファミマ)と旅行ガイドブック『地球の歩き方』がコラボレーションしたグミが限定発売となりました。その名も「地球の歩き方グミ インド編」。早速食べてみた感想をお届けします。

地球の歩き方グミパッケージ
ファミマで限定発売「地球の歩き方グミ インド編」

旅行ガイドブック『地球の歩き方』(学研プラス)といえば、海外旅行好きのバイブル。筆者も今まで何冊お世話になったか分からないほどです。創刊は1979年、なんとすでに44年もの間、世界各国の情報を届けてくれているのですね。

そんな『地球の歩き方』がファミリーマート(以下、ファミマ)とコラボレーションした商品が期間限定で発売になっています。その名も「地球の歩き方グミ インド編」。165円(税込178円)で旅行に行った気分で“インドの味”を楽しめてしまうのです。

先日、「この3年でグミがガムの売上を抜いた」というニュースが流れていました。今や市民権を得たお菓子ですね。筆者も早速購入してみました。

ファミマ「地球の歩き方グミ インド編」の味は? 

地球の歩き方 インド グミ
マンゴーラッシー味のグミ

ファミマ「地球の歩き方グミ インド編」のパッケージは、旅行ガイドブック『地球の歩き方』そのもの。見慣れたフォントのタイトルに、インドをイメージしたイラストがデザインされています。

味はマンゴーラッシーです。日本国内でもインド料理を出す飲食店ではドリンクにマンゴーラッシーがあるのでおなじみですね。
 
ファミマ地球の歩き方グミカロリー
「地球の歩き方グミ インド編」のカロリーなど栄養成分表示
 
1袋当たり40グラムのグミが入っていて、125キロカロリーとなっています。そのほかの栄養成分表示は、たんぱく質1.5グラム、脂質0.1グラム、炭水化物31.3グラム、食塩相当量0.02グラムとなっています。
 
地球の歩き方グミ
1袋に10個入っていた

開けてみると10個のグミが入っていました。色といい、質感といい、本当にかわいらしいグミです。
 
マンゴーラッシー味 地球の歩き方
ヨーグルトとマンゴーの2層

2層になったグミは、下がヨーグルト味で、上がマンゴー味。これを1つ口に入れるとマンゴーラッシーとなるわけです。
 
地球の歩き方グミ大きさ
ティースプーンに乗るサイズ
  
グミのサイズはティースプーンより1回り小さいサイズとなっています。
 
地球の歩き方インドグミを割ったところ
半分にカットしてみた


グミを半分にカットしてみました。中もきれいな2層となっていました。

マンゴーラッシー味のグミを口にポンと入れると、マンゴーラッシーの香りが口いっぱいに広がります。かめばかむほどに、気分はインドへ。1粒でインド気分が味わえます。お手頃な海外旅行ですね!

牛乳とあわせて地球の歩き方グミ
「地球の歩き方グミ インド編」を食べながら牛乳を飲むと……

かむほどに広がるマンゴーラッシーの風味がおいしく、つい「牛乳と一緒に食べたら?」という誘惑に駆られてしまいました。

グミを口に入れてから数回かみ、そこに牛乳をいただくと……期待通り! さらにマンゴーラッシー感が高まりました。おすすめです!

ファミマで発売されている「地球の歩き方グミ インド編」は限定商品なので、気になる人は早めにチェックしてみてくださいね。

※一部店舗では取り扱いのない場合もあります。
※(c)地球の歩き方/Gakken


【おすすめ記事】
【ダイソー】1650円も出す価値ある? アルコール用「オートディスペンサー」を試してみた
【ダイソー】メルカリで“売れる”写真が撮れる!? 「撮影ボックス」(550円)の実力を調査
【ダイソー】フリマアプリの送料節約に! 段ボールが簡単にコンパクトになる便利グッズ
【ダイソー】どう使う? たった7センチのフックが、外出先で驚くほど活躍!
ダイソー「圧縮バッグ」の実力を調査! 7枚のタオルがどれだけコンパクトになるのか試してみた

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」