なぜメルカリで「野球」カテゴリの商品が人気なの? 大谷翔平選手のカードも高値で取引

メルカリ総合研究所が、2023年にメルカリ内で物価上昇や取引数が増えたカテゴリなどを発表。「野球」カテゴリの商品が人気だったようですが、なぜでしょうか。

メルカリ総合研究所が発表した「メルカリ物価・数量指数から分かる3月のトレンド」によると、3月にはフリマアプリ「メルカリ」内で「野球(スポーツ・レジャー)」カテゴリの商品取引が活発になり物価が上昇していたそうです。具体的にはどんな商品が取引されているのでしょうか。
 

3月に「メルカリ」で物価が上昇した商品

2023年3月の物価上昇・下落ランキング

メルカリ内における2023年3月の物価上昇ランキングを見ると、前年と比べて最も物価(取引価格)が上がったのは、「野球(スポーツ・レジャー)」(前年同月比171.0%)でした。
 

2位「トレーディングカード(おもちゃ・ホビー・グッズ)」(同155.6%)、3位「演劇/芸能(チケット)」(同142.3%)と続いています。
 

2020年4月以降の推移を見ると

「野球(スポーツ・レジャー)」のメルカリ物価指数と数量指数の推移(画像は株式会社メルカリのプレスリリースより)

2020年4月以降のメルカリ物価指数とメルカリ数量指数を見ても、2023年3月に「野球(スポーツ・レジャー)」カテゴリの値が急上昇していることが分かります。2020年4月には新型コロナウイルス拡大による1回目の緊急事態宣言がありましたが、2021年には日本プロ野球の「セ・パ交流戦」や「オールスターゲーム(マイナビオールスターゲーム)」「クライマックスシリーズ」が再開され、物価指数は緩やかに上昇。
 

2022年には人数制限なしの日本プロ野球が開幕して、2023年2月にはオープン戦がスタート。さらに3月開催の「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」では、日本が勝ち進むにつれて盛り上がりを見せていました。メルカリでも、関連商品の取引が活発になったのは記憶に新しいのではないでしょうか。


>次ページ:メルカリで野球カテゴリの商品が活発に取引されるワケ


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望