年収401~600万円の台湾人・香港人が「行きたい都道府県」ランキング! 3位「東京」、2位「青森」、1位は?

台湾人・香港人向けの訪日観光情報サイトを運営するジーリーメディアグループが「訪日旅行に関する意識調査」を実施。10回以上の訪日経験がある2096人が答えた「日本で行きたい都道府県」ランキングを年収別に紹介します。今回は「年収401~600万円」編。

年収401~600万円の台湾人・香港人が行きたい都道府県は?(※画像はイメージ)

日本を代表する観光地の多くで、外国人観光客の姿が見られるようになりました。JNTO(日本政府観光局)によると、2023年1~2月の訪日外国人数は、新型コロナウイルス流行前の2019年同時期と比べて56.2%まで回復しており、中でも台湾と香港からの訪日客はそれぞれ64.5%(台湾)、81.3%(香港)にまで戻っています。

そこで、台湾人・香港人向けの訪日観光情報サイト「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」を運営するジーリーメディアグループは、ユーザーの台湾人・香港人4711人を対象に「訪日旅行に関する意識調査」を実施。

この調査に協力したユーザーのうち、訪日経験10回以上のハードリピーター2096人が回答した「日本で行きたい都道府県」を年収別にランキング形式で紹介します。今回は「年収401~600万円」編。


>47位までのランキング結果を見る

 

第3位:東京

3位には、東京都がランクイン。日本の文化やトレンドの中心でもある東京には、数多くの観光名所があります。江戸の面影が残る浅草や最先端のトレンド発信地といえる渋谷・原宿など、エリアによってそれぞれカラーが異なるのも魅力。そのため、何度訪れても楽しめるところが外国人観光客からも人気を集めているのでしょう。
 

第2位:青森

2位には、青森県が入りました。十和田湖や白神山地、奥入瀬渓流など手つかずの大自然が残る青森は、外国人にも人気が高い様子。また、春になると弘前城と桜が織りなす絶景を見られる弘前公園や、夏には東北三大祭りの1つに数えられる「ねぶた祭り」など、日本らしい体験ができる名所やイベントがあるのも人気の理由といえるでしょう。
 

第1位:北海道

1位は北海道でした。日本人の旅行先としても人気の北海道は、海外の観光客も行ってみたい場所のようです。新鮮な海産物や雄大な自然を目当てに訪れるだけでなく、冬の「さっぽろ雪まつり」やスキー場でのレジャーなど、台湾や香港の人にとって珍しい雪を見ることができるのも、多くの票を集めた一因といえそうです。


>47位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
台湾人・香港人が行きたい「日本の都道府県」ランキング! 「京都」と「東京」を抑えて1位に選ばれたのは?
年収200万円以下の台湾人・香港人が「行きたい都道府県」ランキング! 3位「青森」、2位「東京」、1位は?
年収201~400万円の台湾人・香港人が「行きたい都道府県」ランキング! 1位は日本人にも人気の高い……?
年収601万円以上の台湾人・香港人が「行きたい都道府県」ランキング! 3位「京都」、2位「東京」、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    「彼氏と結婚したい!」25歳女性、「結婚なんかしなくていい」と言う気難しい父親の悩み相談

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ