メルカリの発送にも便利! 宅急便コンパクト専用「クイックフィットエコノ」で梱包してみた

ヤマト運輸が扱っている便利な梱包材「クイックフィットエコノ」をご存じですか? 使い勝手をレビューしていきます。

フリマアプリの梱包で使える宅急便コンパクトとクイックフィットエコノ(画像は全て筆者撮影)

「メルカリ」や「楽天ラクマ」「PayPayフリマ」などのフリマアプリは便利な一方、発送時の梱包が面倒だという声も聞こえてきます。そのため、少しでも簡単に梱包できるような資材が100均やホームセンターなどで販売されていますよね。
 

フリマの商品を運んでくれるヤマト運輸でも、便利な梱包材を扱っているのです。それが「クイックフィットエコノ」。早速入手しましたので、使い勝手や注意点をレビューしていきます。
 

「クイックフィットエコノ」はどんな梱包資材?

ヤマト運輸が販売する「クイックフィットエコノ」

まずは「クイックフィットエコノ」について、仕様やサイズなどを確認していきましょう。
 

「クイックフィットエコノ」は単独で使うものではなく、宅急便コンパクト専用BOXとセットで使います。厚紙の上にビニールが付いていて、この間に商品を入れて梱包していきます。

「クイックフィットエコノ」のビニールは少し伸びる

 

価格は1枚80円

梱包許容サイズは縦22センチ、横17センチ、高さ3.5センチです。ビニールは食品用ラップよりも厚手で、指で押すと少し伸びます。価格は1枚80円(税込、以下同)。
 

宅急便コンパクトとセット売りではなく「クイックフィットエコノ」単体の値段なので注意してください。宅急便コンパクト専用BOXは70円なので、セットで使うと150円になります。


>次ページ:筒状のものを梱包してみる

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」