「AKB48」の歴史が変わる予感、新曲『どうしても君が好きだ』で再びアイドルグループの頂点となるか

AKB48が、新曲『どうしても君が好きだ』をリリース。元テレビ局スタッフの筆者が、かつての輝きを取り戻していると感じるAKB48の現在の活動を紹介します。

AKB48の61枚目シングル『どうしても君が好きだ』(画像出典:公式サイト

4月26日、61枚目のシングル『どうしても君が好きだ』をリリースするAKB48。モデル&俳優としても活躍する本田仁美さんがセンターを担当し、平田侑希さん、山崎空さんが初選抜入りするフレッシュな楽曲です。※崎はたつさき
 

さらに同グループは長く所属していたレコード会社「キングレコード」から、「ユニバーサルミュージック/EMI Records」へ移籍することを発表。『どうしても君が好きだ』は、記念すべきレーベル移籍後初シングルとなります。
 

オンライン上では既に『どうしても君が好きだ』のMV(ミュージックビデオ)が公開されており、楽曲を聞くことができます。元テレビ局スタッフでAKB48の黄金期を現場で取材してきた筆者が新曲『どうしても君が好きだ』を解説しながら、レーベル移籍も果たしたAKB48の未来をひも解いていきます。
 

王道回帰の青春ソングで勝負を仕掛ける

今回発表したシングル『どうしても君が好きだ』は、最近のAKB48の楽曲とは少し印象が異なる「王道回帰」の青春ソングに仕上がっています。作詞はおなじみの秋元康さんで、作曲は「ナスカ」が担当。ナスカは音楽ユニットで、これまでアイドルソングを中心に作曲を手掛けています。
 

ナスカの代表的な楽曲は、乃木坂46の『ジコチューで行こう!』『ここにはないもの』、欅坂46の『エキセントリック』『避雷針』『黒い羊』など。非常に個性的な楽曲を生み出しています。美しいメロディーをベースにしながら、櫻坂46が発売した『桜月』のように壮大でラップも取り込むような奇抜な楽曲も制作しています。
 

初期の名曲『⼤声ダイヤモンド』を思わせる疾走感

さて、『どうしても君が好きだ』ですが、AKB48らしい王道のアイドルソングへの回帰が見られます。イントロから、初期の名曲『⼤声ダイヤモンド』を思わせるような疾走感を演出。これまで、AKB48が描いてきた「僕」と「君」の世界観を見せながら、ギターを主体にしたアレンジでサビへの高揚感をドラマチックに作り出しています。
 

AKB48は、前作の『久しぶりのリップグロス』でも、『Everyday、カチューシャ』を思わせるような王道の夏ソングを披露。『根も葉もRumor』『元カレです』という近年の名作で聞かせたK-POP・ダンス路線を経て、新しいAKB48が見せる進化した「王道アイドルソング」を完成させ始めています。
 

振り付けは井上さくらさんが率いるプロフェッショナルダンスチーム

その兆候はMVでも見られます。作品の振り付けは、ダンサーチームとして活躍する「Team“S”(チームエス)」が担当。世界的なアーティストの振り付けも手掛ける、井上さくらさんが率いるプロフェッショナルダンスチームです。
 

MVは、学校を舞台として、ピッタリとそろうフォーメーションダンスも見どころ。ダンスが得意な本田さんをセンターにしたことで、勝負を仕掛けていることが分かります。アイドルらしいカワイイ世界観を見せながら、女性が憧れるような激しいダンスも披露し男女問わずに応援しやすい楽曲に仕上がっています。


>次ページ:『どうしても君が好きだ』には、多くの期待を寄せるコメントが!

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】