「フリーでも活躍できそうなフジテレビのアナウンサー」ランキング! 2位「永島優美」アナを抑えた1位は?

All About編集部が実施した「フジテレビのアナウンサー」に関するアンケート調査の結果から、「フリーでも活躍できそうなフジテレビのアナウンサー」ランキングを発表! 回答者からのコメントと共に紹介します。

近年、アナウンサーの相次ぐ退社が注目を集めているテレビ業界。すでに退社した人の中には、アナウンス技術やタレント性、知名度を生かし、フリーアナウンサーとして活躍している人もいます。
 

All About編集部は2月6日〜3月10日、全国10〜60代の430人を対象に「フジテレビのアナウンサー」に関するアンケート調査を実施。ここでは「フリーでも活躍できそうなフジテレビのアナウンサー」ランキングを発表します。
 

>10位までの全ランキングを見る
 

3位:三田友梨佳

3位は三田友梨佳さん。青山学院大学を卒業後、2011年にフジテレビに入社。“ミタパン”の愛称で親しまれ、『とんねるずのみなさんのおかげでした』などのバラエティ番組や、『FNN Live News α』『Mr.サンデー』などの情報番組を担当しました。
 

2023年3月末での退社を発表している三田さん。3月14日までに第1子が誕生したようで、当面は育児に専念することになりそうですが、将来的にフリーアナウンサーとして活躍する姿が見られるかもしれませんね。
 

回答者からは「とてもキレイな方なのでファッション雑誌やCMなんかで活躍しそう(20代女性/東京都)」「誠実なコメントと品の良さが幅広く愛されそう(30代女性/京都府)」「ミタパンの愛称が浸透しているほど人気がある(50代女性/石川県)」などの声が上がりました。
 

2位:永島優美

2位には永島優美さんがランクイン。関西学院大学を卒業後、2014年にフジテレビに入社。『めざましテレビ』やサッカー番組『MONDAY FOOTBALL R』などに出演し、現在は『めざまし8』でメインキャスターを務めています。
 

明るいキャラクターで人気を博し、長年“朝の顔”として活躍してきた永島さん。『めざまし8』を3月31日の放送をもって卒業する予定で、今後は「アナウンサーとして新しいことに挑戦していきたい」とコメントしています。4月からはバラエティ番組『私のバカせまい史』で進行役を務めるそう。今後も活躍の幅がますます広がっていきそうですね。
 

回答者からは「キャスターとしても良し、バラエティとしても良し、その場の空気を読んで様々な事を瞬時に行動できる能力はすごいと思います(40代男性/埼玉県)」「明るく華やかで、フリーになっても仕事が沢山ありそうなので活躍出来そうだと思います(50代女性/千葉県」「どこに行っても、皆から愛されて上手くやっていけると思う(50代女性/長野県)」などの声が上がりました。
 

1位:山崎夕貴

1位に選ばれたのは、山崎夕貴さん(※「崎」はたつさき)でした。
 

山崎さんは岡山大学を卒業後、2010年にフジテレビに入社。『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦』『ポップUP!』などに出演し、現在は『ワイドナショー』『Mr.サンデー』を担当しています。
 

モットーは「愛嬌(あいきょう)とサービス精神」と明かしている通り、元気で明るい人柄が魅力の山崎さん。プライベートでは2018年にお笑い芸人のおばたのお兄さんと結婚し、おばたのお兄さんのSNSにもしばしば登場。仲むつまじい様子が話題を集めています。
 

回答者からは「笑いも取れるし、進行も素晴らしい。まだ世間にアピールしていない特技もありそうだし、もしフリーになれば仕事ありそう(40代男性/東京都)」「幅広いジャンルで活躍出来そうなポテンシャルを感じます(60代男性/兵庫県)」「自分を出すのが上手だと思います(40代女性/東京都)」などの声が上がりました。
 

アナウンサーとしての今後にも注目が集まる山崎さんですが、3月16日、第1子を妊娠中であることが分かりました。夫婦ともに子ども好きということで、赤ちゃんの誕生が待ち遠しいですね!
 

>10位までの全ランキングを見る
 

 

【おすすめ記事】
「フジテレビの好きなアナウンサー」ランキング! 3位「三田友梨佳」、2位「山﨑夕貴」、1位は?
「フジテレビの好きな男性アナウンサー」ランキング! 3位「伊藤利尋」アナ、2位「軽部真一」アナ、1位は?
「フジテレビの好きな女性アナウンサー」ランキング! 3位「三田友梨佳」アナ、2位「山崎夕貴」アナ、1位は?
「声が好きなフジテレビのアナウンサー」ランキング! 3位「軽部真一」アナ、2位「三田友梨佳」アナ、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も