年収120万円の52歳男性「できるだけ仕事せず、必要最低限の生活を……」1人暮らしのリアルな収支内訳

All About編集部が3月2~3日に行った「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートから、リアルな生活収支の実態を紹介します。今回は、大分県に住む、52歳男性の生活実態です。

物価上昇、上がらない賃金、電気料金の高騰……。近頃、以前にも増して生活が苦しくなってきている、という人も多いのではないでしょうか。

All About編集部が3月2~3日に行った「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートから、リアルな生活収支の実態を紹介します。自分の収支状況・内訳と照らし合わせるなど、生活の参考にしてみてください。
 

年収120万円の52歳男性「できるだけ仕事せず、必要最低限の生活を送りたい」

今回は、大分県に住む、52歳男性の生活実態です。

年収120万円、1Kで1人暮らしをしています。現在の生活について、「親の介護等に金が掛からず、自分も大病しなければギリギリの生活でも切り抜けられそうな気がするが、何かトラブルが起きた場合が怖い」と話しつつも、「独り身であり贅沢したいとも思わないので、できるだけ仕事はせず、低コストな生活を心掛け、必要最低限の生活を送りたいし、送っている」とコメントしていました。

家賃や食費、光熱費など、主な1カ月の出費内訳は以下とのことです。

■大分県杵築市、52歳男性の収入状況と1カ月の主な出費内訳
年収:120万円
家賃:1万6000円
間取り:1K
食費:2万円   
交際費:0円    
電気代:2500円    
ガス代:3000円    
水道代(2カ月での請求額):5500円  
車(ガソリン代、駐車場代、保険、その他維持費等):1万円
その他:通信費2500円

節約術として、「外食は一切せず、買い物は値引き品、見切り品を選び、夏は扇風機のみ、冬は暖房を使わず厚着をして耐えるなどして出費を徹底的に抑えている」と教えてくれました。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「ガス・電気代は高騰、食費も上がってとても苦しい」年収350万円の34歳女性、1人暮らしの収支内訳は?
専業主婦・夫の年収400万円「これ以上何を削ればいいのか……かなり辛い」3人家族のリアルな収支内訳
夫の年収500万円・専業主婦「少しでも交通費を浮かすために、3駅歩く」2人暮らしのリアルな収支状況
「1日1食に減らしても物価上昇で……」年収130万円の48歳男性、都内で暮らす1カ月のリアルな収支内訳
「専業主婦になって4年、家計は自転車操業状態」夫の年収650万円、3人家族の1カ月のリアルな収支内訳
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化