横浜銘菓「ありあけハーバー」にエスプレッソをかける!? 赤レンガ倉庫に新感覚メニュー誕生【実食レポ】

横浜赤レンガ倉庫では、“横浜をもっと盛り上げたい!”という想いから「RedBrick Hub」というプロジェクトを発足。その第1弾として、ありあけとUNI COFFEE ROASTERYがコラボしたメニュー「ハーバーアフォガート」が誕生しました。3月1日から5月7日まで販売。

3月1日から期間限定で販売する「ハーバーアフォガート」
2023年3月1日から期間限定で販売される「ハーバーアフォガート」

横浜赤レンガ倉庫 1号館「UNI COFFEE ROASTERY(ユニコーヒーロースタリー)」では、横浜銘菓・ありあけハーバーとコラボした特別メニュー「ハーバーアフォガート」を2023年3月1日から5月7日までの期間限定で発売。どのような経緯で絶品コラボメニューが誕生したのか、食レポを交えて紹介します(画像は筆者撮影、一部提供)。

 

「ハーバーアフォガート」誕生のきっかけとは

コラボメニューの発売を発表した、ありあけの堀越隆宏社長と横浜赤レンガの五十嵐光晴社長
コラボメニューの発売を発表した、ありあけの堀越隆宏社長と横浜赤レンガの五十嵐光晴社長

2022年12月に全面リニューアルした横浜赤レンガ倉庫。リニューアルを機に、「横浜を代表する観光スポットとして多くの人が行き交うこの空間をうまく活用しながら、横浜をもっと盛り上げたい!」という想いから、横浜赤レンガ倉庫に集うさまざまな人々と “+α” を生み出すプロジェクト「RedBrick Hub(レッドブリックハブ)」が発足しました。

その第1弾として、横浜の定番土産・ありあけハーバーを販売する「ありあけ」と、近年横浜エリアを中心に店舗展開している「UNI COFFEE ROASTERY」のコラボが実現。スペシャルなコラボメニュー「ハーバーアフォガート」が誕生しました。

 

ありあけハーバーにエスプレッソをかける新体験!

ハーバーアフォガート(税込780円)
ハーバーアフォガート(税込780円)

「ハーバーアフォガート」は、UNI COFFEE ROASTERY 横浜赤レンガ倉庫のみで提供するカフェメニュー。

ありあけハーバー(以下、ハーバー)で一番人気の「ダブルマロン」を、UNI COFFEE ROASTERYのエスプレッソに浸してからオーブンで焼き、バニラアイスクリームと淹れたてのエスプレッソを添えて提供。底には砕いたカカオビスケットを、バニラアイスにはコーヒー豆のパウダーをトッピングしています。

「まずはそのままでどうぞ。それからハーバーの上にたっぷりとエスプレッソをかけてお召し上がりください」と、UNI COFFEE ROASTERY 横浜赤レンガ倉庫の店長がおすすめの食べ方を教えてくれました。

 

食べ進めるうちにハーバーがおいしく変化

まずはそのままハーバーをひと口。しっとりしていて香ばしく「焼き立てのハーバー」を再現したよう。バニラアイスが超濃厚で、ハーバーと一緒に食べると、これまた美味。

エスプレッソをかけるとハーバーが新食感に!(提供画像)
エスプレッソをかけるとハーバーが新食感に!(提供画像)

続いて、ハーバーにエスプレッソをかけていただきます。UNI COFFEE ROASTERYのエスプレッソはミャンマー産の豆を使用しており、軽く、フルーティーで酸味があるのが特徴。このエスプレッソをかけることで、ハーバーとバニラアイスの甘みが引き立ちます。トッピングのコーヒー豆のパウダーがほどよいアクセントに。

食べ進めていくうちにバニラアイスがどんどん溶けて、ハーバーにしみ込んでいきます。すると、ハーバーのマロン餡の中に入っている、粒々のマロンダイスの存在感が際立ってくるではありませんか!

底に隠れていたカカオビスケットも現れて、サクサクっと新たな食感を生み出します。

横浜赤レンガ倉庫とありあけハーバー、UNI COFFEE ROASTERYのタッグで生まれた、他では味わえないメニューだなと感じました。

赤レンガ倉庫らしさを活かした、ブルックリンスタイルの空間
赤レンガ倉庫らしさを活かした、ブルックリンスタイルの空間

この「ハーバーアフォガード」は、2023年3月1日~5月7日まで、UNI COFFEE ROASTERY 横浜赤レンガ倉庫のみでの提供となります。販売時間は9:00~20:00(L.O.19:00)。ありあけハーバーが想像を超えて変化していく新体験をお楽しみあれ。

・URL:https://www.yokohama-akarenga.jp/

 

【おすすめ記事】

横浜赤レンガ倉庫がリニューアルオープン! グルメ、スイーツから雑貨まで注目店をチェック
横浜赤レンガ倉庫限定! ありあけ「ブリュレカステラ」しっとり上品な甘さで大満足
横浜「フフナーゲル」バターサンドのおいしさに悶絶! レトロデザインのパッケージも素敵
横浜の実物大“動くガンダム”2024年3月末まで延長決定! 「こんなにうれしいことはない」ファン歓喜
横浜マリンタワーがリニューアルオープン! 夜は横浜の夜景とアートが融合

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」