横浜DeNAベイスターズ、2023年シーズンスローガンは「横浜頂戦」頂点を目指す新ホームユニフォームも

横浜DeNAベイスターズが「新ホームユニフォーム&2023年シーズンスローガン発表会」を横浜ブルク13で開催。集まった400名のファンに向け、三浦大輔監督、山崎康晃選手、京田陽太選手が新スローガンは『横浜頂戦』のもと「頂に挑戦する」と約束しました。

横浜DeNAベイスターズ 新ホームユニフォーム&2023年シーズンスローガン発表会フォトセッション
横浜DeNAベイスターズ 新ホームユニフォーム&2023年シーズンスローガン発表会フォトセッション

横浜DeNAベイスターズが1月23日、「新ホームユニフォーム&2023年シーズンスローガン発表会」を横浜ブルク13で開催。集まった400名のファンに向け、三浦大輔監督(写真中央)、山崎(※)康晃選手(三浦監督の左)、京田陽太選手(同右)が登壇し、新スローガンは『横浜頂戦』のもと「心をひとつに挑戦し、頂に立つ」と約束しました。発表会の様子をレポートします(画像はすべて筆者撮影)。※崎の大は立

 

頂点を目指す一本の道をデザイン

横浜DeNAベイスターズ 新ホームユニフォーム&2023年シーズンスローガン発表会

2015年以来のデザイン変更となる、ホームユニフォーム。これまでのユニフォームのストライプを集約し、頂点を目指す一本の道を彷彿とさせる"YOKOHAMA STRIPE"が印象的です。

チームとファンの一体感をより強くすると同時に、"YOKOHAMA STRIPE"の5本の線には選手それぞれの個性が結束し、同じ一本の道へ進んでいくという想いが込められています。

みなとみらい線、東急東横線 横浜駅B3改札階に掲出された新ホームユニフォーム発表のカウントダウン広告の様子(1月16日~1月24日まで掲出)
みなとみらい線、東急東横線 横浜駅B3改札階に掲出された新ホームユニフォーム発表のカウントダウン広告の様子(1月16日~1月24日まで掲出)

三浦監督は「新しく、明るく、一新ではなく懐かしいところも残しつつ、新たな2023年シーズンにふさわしいユニフォームだと思います」と新ユニフォームの印象について語りました。

山崎選手は「シンプルかつデザイン性もあり、斬新。このユニフォームを、昨シーズン本拠地17連勝につながった横浜F・マリノスとのコラボユニフォームのように、縁起の良いユニフォームにしたいです」と、コメント。

 

2023年シーズンのスローガンは「横浜頂戦」に

2023年スローガン「横浜頂戦」

続けて、2023年シーズンのスローガン「横浜頂戦(よこはまちょうせん)」も発表。

考案した三浦監督は「監督に就任してから『横浜一心』、そして『横浜反撃』のスローガンのもと戦ってきました。昨年届かなかった『頂(いただき)』に今年は挑戦するという意味を込めています。"YOKOHAMA STRIPE"というラインを全員で心を一つにして歩んでいき、頂点にたどり着けるよう戦っていきます」と、力を込めました。

 

京田選手は初めてユニフォーム姿を披露

初めてファンの前で「98」番のユニフォームを披露した京田選手

中日からトレードで新加入した京田選手は、ファンの前で背番号「98」のユニフォーム姿を初披露。大きな拍手でファンに迎えられました。

「敵チームから見て前の(ピンストライプ柄のユニフォーム)もカッコイイなと思っていたんですが、新ユニフォームもさらにカッコイイので、早くこれを着て、皆さんの前でプレーしたいです。新しいユニフォームをドロドロにして、チームに貢献できるようがんばります。自分の持ち味をアピールして、この太いストライプのようにチームが一つの方向に向かって優勝し、三浦監督を胴上げします」と、意気込みを語りました。

背番号「98」を初披露した京田選手
背番号「98」を初披露した京田選手

背番号「19」の山崎選手と並ぶと「1998」に。「1998年以来の優勝を目指してがんばります。そのために今日、この二人が呼ばれたわけでしょ?」と三浦監督がファンに呼びかけると、いっそう大きな拍手が沸きあがりました。

 

山崎選手を投手キャプテンに指名

山崎選手の胸にキャプテンマークをつける三浦監督
山崎選手の胸にキャプテンマークをつける三浦監督

三浦監督からサプライズで山崎選手の投手キャプテン就任を発表。投手キャプテンは、2013年シーズンの藤江均投手以来2人目となります。

「監督就任時から投手キャプテンはいたほうがいいと考えていた。ホームユニフォームも新しくなり、ヤス(=山崎選手)も6年契約を結んだタイミングなので、“いま”だろうと。投手陣をまとめ、みんなの手本となり、突き進んでもらいたい」と、期待を込めました。

山崎選手の胸にキャプテンマークをつける三浦監督

「ま、投手キャプテンは6年契約じゃないですけども。3年契約で更新、更新で」と会場を笑わせると、「1年目、しっかりとつとめて、更新できるようにがんばります」と切り返した山崎選手。三浦監督からユニフォームの胸にキャプテンマークをつけてもらうと「投手陣はそろっている。佐野キャプテンを支え、個性をまとめていけるようにがんばっていきます」と、笑顔を見せました。

新ホームユニフォームを着用し、発表会に来場したファンとともにフォトセッション
新ホームユニフォームを着用し、発表会に来場したファンとともにフォトセッション

新戦力も加わった横浜DeNAベイスターズ。ファンとともに、新ホームユニフォーム、新スローガンのもと頂点を目指し、今年こそ「1998」以来の優勝・日本一を達成して欲しいです。

・URL:新ホームユニフォーム&2023シーズンスローガン
 

【おすすめ記事】

横浜DeNA・京田陽太が“戦う顔”で入団会見「ドラゴンズファンにはベイスターズでの活躍が恩返し」
横浜スタジアムの楽しみは野球観戦だけじゃない! 充実の球場グルメを味わおう
HiHi Jets高橋優斗が横浜スタジアムでセレモニアルピッチ! 「絶対に横浜優勝!」背番号は「8181」


【関連記事】

ドラ1・松尾は背番号5「ハマの侍に」横浜DeNAベイスターズ2023年度新入団選手10名が所信表明
今永が新入団選手に「金言」授ける!横浜DeNAベイスターズ2023年度新入団選手発表記者会見

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは