「体重が増えても食べたい」と小山薫堂が太鼓判! ラジオ番組で生まれた絶品裏メニューが定番化

横浜ロイヤルパークホテルは、FMヨコハマ「FUTURESCAPE」内で誕生したハンバーガーを定番メニュー「ロイヤルパオーンバーガー」として1月7日から発売。パーソナリティの小山薫堂さんが「体重が増えても食べたいハンバーガー」と完食したほど絶品です。

ロイヤルパオーンバーガー

横浜ロイヤルパークホテルは、FMヨコハマ「FUTURESCAPE(フューチャースケープ)」内で誕生したハンバーガーを定番メニュー「ロイヤルパオーンバーガー」として1月7日から発売。パーソナリティの小山薫堂さんが「体重が増えても食べたいハンバーガー」と完食したメニューを取材させてもらいました(画像はすべて筆者撮影)。

 

ラジオ番組で誕生した「ロイヤルパオーンバーガー」とは

ロイヤルパオーンバーガー メニュー

FMヨコハマ「FUTURESCAPE」は、放送作家・脚本家の小山薫堂さんとMC柳井麻希さんがパーソナリティを務め、毎週土曜9:00よりオンエアしているラジオ番組。
 

同番組に横浜ロイヤルパークホテルの池田一之総料理長がゲスト出演した際、小山さんからリクエストのあった「ハンバーガー」を持参。「パオーンバーガー」とネーミングされ、裏メニューとして地下1階 レストラン&バンケット「フローラ」で12日間のみ販売されました。
 

「パオーン」とは、ダイエット中の小山さんが番組内で体重を発表する際、体重が増えた時に体重増(ゾウ)に掛けて象の鳴き声の効果音が入ることに由来。「体重が増えても食べたいハンバーガー」という意味が込められています。
 

この「パオーンバーガー」に多くの反響があったことから、1月7日から定番メニューとして販売することになりました。今後も長く親しんでもらえるようにと、ホテル名を掛け合わせ「ロイヤルパオーンバーガー」と改称。

 

「フローラ」のハンバーグを絶品バンズでサンド

フローラ 内観

「ロイヤルパオーンバーガー」を提供する「フローラ」は、ホテルメイドの料理をカジュアルに楽しめるレストラン。ボリュームが“ウリ”で、オーダー後に手ごねして焼き上げる、牛肉100%のハンバーグがこだわりのメニューです。
 

ロイヤルパオーンバーガー(税、サ料込2500円)
ロイヤルパオーンバーガー(税、サ料込2500円)

その自慢のハンバーグに、総料理長自慢の牛スジと香味野菜をデミグラスソースで煮込んだ「黒ハヤシソース」をかけ、厚切りトマト、レタスとともにホテルメイドのバンズでサンド。ピクルスとフライドポテトが添えられています。
 

厚みのあるハンバーグ

ナイフとフォークも用意されていますが……、口の周りにソースをつけながらほおばるのみ! 粗挽きでジューシーなハンバーグは150gもあり極厚で旨味たっぷりです。
 

表面を焼いてあるバンズはサクッと香ばしく、ハンバーグの旨味に負けていません。
 

「黒ハヤシソース」は、ホテルの朝食で選べるオムレツソースのひとつ。これだけでもおいしい!
 

合間に食べるフライドポテトは、ふんわりサクサク。何気にピクルスもいい仕事をしています。
 

今後はテイクアウトでの販売も予定しているとのこと。オフィスやおウチ、屋外でもホテルメイドのハンバーガーが楽しめますね。「ホテルの名物メニューに育てていきたい」と、広報担当者はコメントしています。
 

ロイヤルパオーンバーガー 情報

場所:レストラン&バンケット「フローラ」(横浜ロイヤルパークホテル 地下1F)
価格:2500円(税、サ料込)
販売時間:平日11:30~16:00(L.O.)、土日・祝日11:00~16:00(L.O.)※17:00閉店
URL:レストラン&バンケット「フローラ」

 

【おすすめ記事】

横浜で「チャイニーズアフタヌーンティー」が人気! 点心&中国茶を満喫できるスポット7選
崎陽軒のシウマイが「恵方巻き」に! 「シウマイ恵方まん」は毎年完売する“福を巻き込む”変わり種
「ぐるナイ」ゴチ登場の創作四川料理をコースで堪能!横浜ベイホテル東急「スーツァンレストラン陳」
“日本一熱い”幻の「鍋焼きラーメン」が、新横浜ラーメン博物館の高知・須崎「谷口食堂」で復活!
崎陽軒「冬のかながわ味わい弁当」を食べて旅気分! 神奈川の名産品が詰まったお弁当

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」