2023年のゴールデンウィーク(GW)は最大9連休、3連休は計7回! 祝日や連休をあらためてチェック

2023年の祝日は計17日、うち土日を含んだ3連休は6回です。GWは最大9連休になる可能性もあります。秋の大型連休は取りにくい並びとなっているものの、9〜11月まで祝日が多い時期です。祝日が全くない時期は5月のGW明けから約2カ月半となっています。

2023年、次の連休は……

2023年がスタートし、早くも半月が経過しました。本記事では内閣府が毎年発表している「国民の祝日について」を参照しながら、2023年の祝日や連休を見ていきます。

 

2023年の祝日は17回、うち土日を含んだ3連休は6回

「令和4年(2022年)及び令和5年(2023年)の『国民の祝日』」を見ると、2023年の祝日は、1月1日と2日、9日、2月11日と23日、3月21日、4月29日、5月3〜5日、7月17日、8月11日、9月18日と23日、10月9日、11月3日、11月23日となっています。

2023年の国民の祝日一覧
2023年の国民の祝日一覧(筆者作成、以下同)

上記の祝日17回分のうち、土日と連なり3連休になるのは「1月9日(月)成人の日」、「7月17日(月)海の日」、「8月11日(金)山の日」、「9月18日(月)敬老の日」、「10月9日(月)スポーツの日」、「11月3日(金)文化の日」の計6回です。


4月29日の昭和の日と9月23日の秋分の日は土曜日となっているため、3連休扱いからは除外しています。

 

GWは最大9連休、秋の大型連休は取りにくいかも

ゴールデンウィークは5月3日(水)の憲法記念日から7日(日)までの5連休です。5月1・2日の平日も休みにすると前週4月29・30日の土日と連なり、最大9連休とすることも可能でしょう。
 
GWは最大9連休の可能性も
GWは最大9連休の可能性も


お盆休みは8月11日(金)が山の日で祝日となっているため、3〜4連休とする人も多いかもしれません。
 
秋は大型連休が取りにくい並び
秋は大型連休が取りにくい並び


近年は休暇シーズンとする会社も多いシルバーウィークですが、2023年は長期休暇が取りにくい並びとなっているようです。代わりに9月16日(土)〜18日(月)、10月7日(土)〜9日(月)、11月3日(金)〜5日(日)と3連休が続く時期となっています。
 

11月23日(木)勤労感謝の日がある週は、翌日の金曜日も休みを取り4連休にする人も多いかもしれませんね。
 

祝日がない月は6月と12月、最もお休みが少ない時期は5月のゴールデンウィーク明けから7月17日前の約2カ月半となっています。
 


【おすすめ記事】
次の連休は5月! 2023年のゴールデンウィークは何日休める?【令和5年上半期の祝日カレンダー】
2023年のゴールデンウィークは「5連休」が確定! お盆休みや秋の連休は?
「うさぎ年」は災害多発の年だった? 記憶に残る大災害や気象業界で語り継がれる大雪も
Z世代が飲まなくなったから? 今やアメリカ人の7人に1人が「1月に断酒」する“意外”な理由
【2023年】成人式を迎えた芸能人(20歳新成人)まとめ! Ado、道枝駿佑、藤井聡太竜王など注目の有名人
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】