M-1歴代王者の中で好きな「ツッコミ担当」ランキング! 「アンタッチャブル」柴田英嗣を抑えた1位は?

「M-1」歴代王者の中で好きな「ツッコミ担当」ランキング! 若手漫才師の頂点を決める「M-1グランプリ」。2022年は「ウエストランド」が第18代王者に輝きました。歴代王者の中でも人気を集めた「ツッコミ担当」を発表します!


All About編集部では、全国10〜60代の男女184人を対象に「M-1グランプリ」に関する独自アンケート調査を実施(調査期間:12月12〜19日)しました。今回は調査結果の中から、M-1歴代王者の中で好きな「ツッコミ担当」ランキングを発表します!

>10位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:粗品(霜降り明星)

第3位は、「霜降り明星」の粗品さん。

2018年の第14回大会で「霜降り明星」は史上最年少の王者となり、大きな話題を呼びました。粗品さんがものすごい勢いでボケまくる相方のせいやさんにツッコミを入れるとき、しかめっ面で片手を前に出すポーズは、“粗品ポーズ”と呼ばれています。

回答者からは、「例え突っ込みが面白いから(28歳男性/広島県)」「的確なんだけど、ちょっとななめ上な感じが好き(46歳男性/茨城県)」「独特の言葉選びと手(23歳女性/愛知県)」など、せいやさんの意味不明なボケを端的に説明するようなワードチョイスにセンスを感じるという声もありました。

ほかにも、「するどいツッコミに尊敬するから(22歳男性/静岡県)」「若いのに華があるから。意外とポンコツでキャラが面白い(24歳男性/東京都)」「ネタも平場もYouTubeも面白いから(23歳女性/東京都)」など、テレビ番組の司会やYouTubeも面白いという声もありました。
 

第2位:柴田英嗣(アンタッチャブル)

第2位は、「アンタッチャブル」の柴田英嗣(ひでつぐ)さん。

「アンタッチャブル」は2年連続の決勝戦進出で、2004年の第4回大会で王者に。ボケ担当の“ザキヤマ”さん、こと山崎さんへの柴田さんの秀逸なツッコミには、審査員からも称賛の声が上がりました。

回答者からは、「山崎さんのどんなアドリブにも対応できる能力は天才的。誰にもできないツッコミの中で一番うまい(51歳未回答/愛知県)」「あのザキヤマさんをコントロールできるからすごいと思う(30歳女性/静岡県)」「ザキヤマのアドリブにも素早く反応できてちゃんとツッコミを入れられるとこです(29歳男性/北海道)」など、予測不能なアドリブを入れまくる山崎さんをさばくスキルの高さに評価が集まりました。

「どんなボケにも素早く返してくれるから(25歳女性/福島県)」「勢いもあるのに、的確だから(25歳男性/新潟県)」「はっきりした突っ込み、プラスアルファのセリフのセンスがよいから(59歳女性/東京都)」など、勢いがありテンポが良いのに的確なツッコミという声も多く寄せられました。
 

第1位:伊達みきお(サンドウィッチマン)

第1位は、「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん。

「サンドウィッチマン」は、同調査の「M-1歴代王者の中で好きなコンビランキング」でも堂々の1位を獲得している、国民的な人気コンビ。とぼけたボケを連発する相方・富澤たけしさんへの男らしいツッコミや例えツッコミが人気を集めました。

回答者からは、「伊達さんの突っ込みは間も言葉のチョイスも最高です(39歳女性/愛知県)」「間が完璧で、人を傷つけない(21歳女性/和歌山県)」「今やボケかなと思ってる人も少なからずいるのでは。間が良い(31歳男性/福島県)」など、“間の取り方”が絶妙という声がありました。

ほかにも、「見た目とは裏腹な、常識的な意見のツッコミが心地よいからです(38歳男性/宮崎県)」「キツイツッコミに一瞬感じるのですが、意外と口調はソフトな所が最高です(38歳男性/千葉県)」「一見キツいツッコミだけど愛があるから(47歳男性/千葉県)」など、「見た目とのギャップ(33歳女性/滋賀県)」が好きというコメントが多く寄せられました。


>10位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」