@cosme「ベストコスメアワード2022」1位は“長期バズり中”のリップ! 2023年の流行は“盛りメイク”?

@cosme「ベストコスメアワード2022」発表! 約120万件の口コミ情報をもとに、多くの人に支持された人気コスメの中から、総合大賞に選ばれた注目度ナンバーワンコスメは? 気になる2023年の“トレンド予測”も紹介します!

「@cosme ベストコスメアワード2022」発表!

アイスタイルは12月8日、「@cosme ベストコスメアワード2022/2023上半期トレンド予測」を発表しました。

「@cosmeベストコスメアワード2022」は、@コスメメンバーから投稿された約120万件の口コミ情報をもとに、多くの人から支持されている商品の順位を決定したもの(集計対象期間:2021年11月1日〜2022年10月31日)。上位にランクインした10商品の中から総合大賞に選ばれたコスメを発表します!
 

ベスコス総合大賞は、KATEの「リップモンスター」!

「KATE(ケイト)」の「リップモンスター」
「@cosmeベストコスメアワード2022」総合部門にランクインした10商品の中から、総合大賞を受賞したのは、「KATE(ケイト)」の「リップモンスター」。

KATEの「リップモンスター」は、2021年5月に発売された商品。コロナ禍において、マスクをしていても「メイクを楽しみたい」と思っている人の自己表現を後押しする化粧品として開発されました。

マスクにつかない、つけたままの色が長時間持続するなど、コロナ禍ならではのメイク悩みに対応した機能性を重視。それだけでなく、「リップモンスター」という商品名や「ラスボス」「陽炎」「誓いのルビー」など、思わずつぶやきたくなる個性的なカラー名など、メイク意欲をかき立てるワクワクするような工夫が凝らされています。発売から1年半以上バズり続け、今回のベストコスメアワード総合大賞受賞に至りました。
 

2023年はナチュラルメイクに代わって「盛り」メイクが復活?

シティポップメイクのイメージ

若い世代を中心に平成・昭和レトロカルチャーが人気を集めるなど、リバイバルブームが起きている中、注目されそうなのが「シティポップメイク」とのこと。

コスメに関する口コミに使われているワードでは、「ナチュラルメイク」に代わって、「盛れる」というワードが上昇傾向であることから、2023年上半期は目元の「カラー囲み目」や韓国アイドルのような「束感まつげ」、「薄眉」、ぷっくり「唇拡張」など、“盛りメイク”が復活の兆し!
 
シティポップメイクの例(左:女性、右:男性)

韓国ではすでに、ヌーディーなリップライナーで唇全体を自然に大きく見せる「唇拡張」メイクが人気を集めているので、日本でのブームももう間近に迫っているかもしれませんね。
 

これからは、見せる「ぶら下げコスメ」が当たり前?

“ポーチレス対応コスメ”に注目!

今後のトレンド予測でのキーワードの1つは、「ポーチレス」。キャッシュレスの影響もあり、スマホショルダーが流行しているように、メイクアイテムも“軽量化”がトレンドに。アイスタイルが15〜69歳の女性8629人を対象に実施したアンケート調査(調査期間:2022年11月21〜23日)によると、化粧ポーチが以前より小さくなった、もしくは化粧ポーチ自体を持ち歩かなくなったという人も増えているようです。

メイク用品を化粧ポーチに入れて持ち歩くのではなく、直接バッグやスマホショルダーに入れたりぶら下げたりする人が増加傾向にあるため、薄型やスティック型、ミニサイズのコスメに加えて、リップケースにそのままチェーンがついた、アクセサリー感覚の“ポーチレス対応コスメ”が注目されています。


【おすすめ記事】
メイク動画を参考にしている芸能人ランキング! 3位 川口春奈、2位 渡辺直美、1位は?
オンライン会議前のメイク直しに最適! ダイソーの100円アイテム4選
好きな美容系インフルエンサーランキング!「ななこ」「とうあ」を超えた1位は?
「ワカメを食べると髪がフサフサになる」って本当? ヘアケアの噂を大正製薬の研究員に聞いてみた
シワを隠しながら美肌ケアも叶える「高機能ファンデーション」とは?40代女性が使いたい3品

【関連リンク】
アイスタイル(@cosmeベストコスメアワード2022)
アイスタイル(@cosmeベストコスメアワード2023上半期トレンド予測)
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望