山崎製パン「薄皮シリーズ」内容量5→4個に変更、ネット上で悲しみの声広がる

山崎製パンは、2023年1月1日出荷分から「薄皮つぶあんぱん」などで人気の「薄皮シリーズ」全7品の内容量を変更すると発表しました。また、「ランチパック」3品も2月1日出荷分以降値上げするということです。

山崎製パンは、2023年1月出荷分から「薄皮シリーズ」全7品の内容量変更と「ランチパック」3品の価格改定を実施すると発表しました。長年支持されてきた商品ということもあり、Twitterでは「薄皮シリーズ」がトレンド入り。「ショック」「5人家族だから困る」といった声のほか、数年後には「さらに減ってしまうのでは」と懸念する声も上がっています。
 

同社は価格改定について、原材料価格の高騰や上昇し続けるエネルギーコストに対処するためと説明しています。
 

「薄皮つぶあんぱん」5→4個に

内容量を変更するのは、薄皮仕立てが特徴のミニ菓子パン「薄皮シリーズ」全7品。

「薄皮つぶあんぱん」など全7品で4個入りに変更(出典:山崎製パン公式サイト、以下同)
「薄皮つぶあんぱん」など全7品で4個入りに変更(出典:山崎製パン公式サイト、以下同)

2001年発売の「薄皮つぶあんぱん」を筆頭に、“みんなでシェアしやすい”5個入りを特徴としてきた同シリーズですが、2023年1月1日出荷分から4個入りとなります。

「ランチパック」3品は2月1日出荷分から値上げ
「ランチパック」3品は2月1日出荷分から値上げ

また、携帯できるランチとして人気の「ランチパック」3品(ピーナッツ/たまご/ツナマヨネーズ)は、2023年2月1日出荷分から値上げすることに。価格改定率は平均4.7%としています。
 

同社は2022年1月と7月に食パンおよび一部の菓子パンの価格改定を行いましたが、その後も油脂類、糖類などの原材料価格の高騰やエネルギーコストの上昇が続き、「企業努力による吸収の範囲を超えた大変厳しいものである」としています。今後も経営の効率化とコスト削減に向けた努力を継続するということです。
 

【おすすめ記事】
家計への負担が心配……12月1日から「値上げ」するもの3選
2022年の「冬ボーナス」平均はいくら? 民間や上場企業の平均、業種別の予想を調べてみた
「低すぎる」日本の給与。20〜50代正社員の約半数が5年前から「変わらない」「下がった」
2kgもあるおにぎり!? 札幌の“デカ盛り”で話題のお弁当屋さんに取材。安くて多い、しかもおいしい秘密とは
「安いニッポン」に三行半? 国内で消滅寸前の「東京チカラめし」はなぜ海外に軸足を移すのか


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは