東京都の全国旅行支援「ただいま東京プラス」10月20日スタート! 「もっとTokyo」との併用も

東京都は10月20日、全国旅行支援「ただいま東京プラス」を開始しました。「もっとTokyo」と併用する際の条件や割引額、上限額をまとめました。

「ただいま東京プラス」スタート(画像出典:公式サイト

東京都は10月20日、全国旅行支援「ただいま東京プラス」を開始しました。対象期間は10月20日~12月20日(12月21日チェックアウト分を含む)。20日12時から、対象となる旅行会社、ホテルなどが取り扱いを開始しています(旅行事業者一覧はこちら)。
 

どのくらいお得になる? 割引率や上限額、対象者は

「ただいま東京プラス」は、他県の全国旅行支援と同様、1人1泊あたり「40%」の割引額が適用されます。上限額は「交通付き旅行商品」が8000円、「それ以外の旅行商品」が5000円。加えて、旅先の飲食店やお土産店で使えるクーポン券を平日3000円分、休日1000分付与します。両方を合わせると、割引額は最大で1万1000円となります。
 

対象者は日本国内に居住する旅行者。新型コロナウイルスのワクチンを3回接種済み、またはPCR検査などの陰性証明書を提示すれば利用できます。
 

「もっとTokyo」との併用は?

「もっとTokyo」(画像出典:公式サイト

東京都民向けの観光促進事業「もっとTokyo」も10月20日に本格スタートしました。こちらも対象期間は12月20日まで(12月21日チェックアウト分を含む)。
 

助成額は宿泊旅行の場合、1人1泊あたり6000円以上の利用で5000円、日帰り旅行の場合、1回1人あたり3000円以上の利用で2500円。
 

「もっとTokyo」について(出典:公式サイト)

都民が都内で旅行する場合は「ただいま東京プラス」との併用も可能で、併用時の条件は、宿泊の場合、平日が1万1000円以上の旅行、休日は8000円以上の旅行。日帰りの場合、平日8500円以上の旅行、休日5500円以上の旅行が対象となります。


【おすすめ記事】
「全国旅行支援」スタート! 10月11日から、どのくらいお得になる?
「全国旅行支援」で行く予定の旅先ランキング! 3位 東京、2位 沖縄、1位は?
780人に聞いた「行ってみたい紅葉スポット」ランキング、3位「上高地」、2位「黒部峡谷」、1位は?
【日本の絶景クイズ】この美しい“黄金色のトンネル”が見られるのはどの都道府県?
台湾・香港人に聞いた「旅行したい都道府県」人気ランキング! 3位 京都、2位 東京、1位は?


【関連リンク】
ただいま東京プラス
もっとTokyo

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も