神奈川県立図書館の新本館に「猿田彦珈琲」のコーヒースタンドがオープン! オリジナル文具も発売

猿田彦珈琲は全国19店舗目となる「猿田彦珈琲 神奈川県立図書館店」を9月1日にオープン。猿田彦珈琲として初めて、公共施設内での出店となります。スペシャルティコーヒーはもちろん、4種類のオリジナルグッズも発売。

猿田彦珈琲は9月1日、横浜市西区に全国19店舗目となる「猿田彦珈琲 神奈川県立図書館店」をオープン。猿田彦珈琲として初めて、公共施設内での出店となります。横浜初出店ということで、どのような店舗なのか取材してきました(画像は許可を得てすべて筆者撮影)。
 

神奈川県立図書館の新たな本館について

神奈川県立図書館 本館 外観
神奈川県立図書館 本館 外観

神奈川県立図書館の新たな本館は、これまでの本館(前川國男館に改称、今後改修工事を経てオープン予定)と同エリアとなる紅葉坂沿いに新設。9月1日 13時に開館しました。
 

地上4階建てで約50万冊が収蔵可。「価値を創造する図書館」というコンセプトの下、「読む」機能の充実を軸とし、利用者の多様なニーズに対応する設備や交流を図るためのスペースが設けられています。
 

「図書館を身近に感じて欲しい」との想いから、1階のライブラリーショップでは、コーヒーや軽食、文具、オリジナルグッズを販売します。このライブラリーショップを運営するのが、公募で選ばれた猿田彦珈琲。公共施設への出店は初めてとなります。
 

「リフレッシュエリア」は飲食OK

猿田彦珈琲 神奈川県立図書館店
猿田彦珈琲 神奈川県立図書館店

猿田彦珈琲 神奈川県立図書館店はコーヒースタンドで、1階入口横に位置します。
 

メニューは、「猿田彦のカフェラテ(600円)」をはじめとするエスプレッソドリンク、1杯ずつ淹れるドリップコーヒーすぐ出る「本日のコーヒー」、お抹茶ラテなどその他のドリンク、軽食としてホットサンド(2種、680円)が用意されています。

猿田彦珈琲 神奈川県立図書館店メニュー
猿田彦珈琲 神奈川県立図書館店メニュー

1階と2階に設けられている「リフレッシュエリア」では飲み物、軽食の飲食可。その他の閲覧室へは蓋付きの容器であれば飲み物の持ち込みが可能です。
 

「Modbar (モッドバー)」で1杯ずつドリップ

豆の種類はレジ横のドリップボードで確認を
その日の豆の種類はレジ横のドリップボードで確認を

ドリップコーヒー(中深・お月見ブレンド、600円)をいただきました。

「Modbar (モッドバー)」というハンドドリップマシンで1杯ずつ抽出
「Modbar (モッドバー)」というハンドドリップマシンで1杯ずつ抽出

同店のドリップコーヒーは「Modbar (モッドバー)」というハンドドリップマシンで1杯ずつ抽出します。猿田彦珈琲のハンドドリップの抽出方法を細かく設定することで、いつでも同じ味で抽出できるそうです。確かに、ハンドドリップしているよう!

猿田彦珈琲のハンドドリップの抽出方法を再現
猿田彦珈琲のハンドドリップの抽出方法を再現

お月見ブレンドは、中秋の名月を眺めているような、気持ちが穏やかになるような深い味わいでした。

閲覧スペースは蓋付きドリンクは持ち込み可
閲覧スペースは蓋付きドリンクは持ち込み可

 

同店限定「神奈川県立図書館ブレンド」新発売

コーヒー豆(100g税込860円)、ドリップバッグ(5パック入、税込1000円)
コーヒー豆(100g税込860円)、ドリップバッグ(5パック入、税込1000円)

同店限定のオリジナルブレンド「神奈川県立図書館ブレンド」が新登場。「読書や調べ物、勉強のお供に、心をほぐしてくれるようなコーヒーを」との想いが込められています。
 

コロンビアやエルサルバトルなど南米産を中心にコーヒー生豆を厳選し、じっくり深煎りに。カシューナッツのような甘く香ばしい味わいと、ほどよく心地いい苦味が特徴。後味はダークチョコレートのように少し重みのある、滑らかな余韻を楽しめるとのことです。
 

豆(100g、税込860円)、ドリップバッグ(5パック入、税込1000円)のほか、すぐ出る「本日のコーヒー」として販売します。
 

白を基調とし、神奈川県立図書館のロゴや旧本館のシンボルである有孔煉瓦(ホローブリック)をモチーフにしたデザインとなっています。

4種類の神奈川県立図書館オリジナルグッズも販売
4種類の神奈川県立図書館オリジナルグッズも販売

このほか、神奈川県立図書館オリジナルショッピングバッグやマグカップ、ノート、クリアファイル、計4種類のオリジナルグッズも販売します。
 

「たった一杯で、幸せになるコーヒー屋」をコンセプトに掲げる猿田彦珈琲。横浜初出店ということで、コーヒーをお目当てに神奈川県立図書館へ訪れてみては。

旧本館のシンボルである有孔煉瓦(ホローブリック)がカウンターに使われていました
旧本館のシンボルである有孔煉瓦(ホローブリック)がカウンターに使われていました

 

猿田彦珈琲 神奈川県立図書館店 情報

場所:横浜市西区紅葉ケ丘44 神奈川県立図書館本館1階
営業時間:火〜金曜 9:00〜18:30、土・日曜・祝日 9:00〜16:30
定休日:月曜、第2木曜 ※祝日の場合は営業
TEL:045-325-7050
URL:https://sarutahiko.co/

神奈川県立図書館URL:https://www.klnet.pref.kanagawa.jp/yokohama/

 

【おすすめ記事】

横浜マリンタワーがリニューアルオープン! 夜は横浜の夜景とアートが融合
キャラバンコーヒー横浜元町店、12時間かけて抽出した「50周年」水出しコーヒーを販売
朝ドラ『ちむどんどん』に登場した「やんばるナポリタン」を横浜の喫茶店で味わおう
“わざわざ”行きたい横浜のカフェ5選! おいしいコーヒーが飲める喫茶店
コーヒー好きなら食べてほしい!「猿田彦珈琲」×ローソンのコラボスイーツが絶品すぎる

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応