『石子と羽男』第7話 “大庭”赤楚衛二に衝撃のラストでネット騒然「ヤバい案件決定」「怪しい匂いしかしない」

8月26日に放送されたドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(TBS系)第7話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』公式サイト)。

中村倫也さん、有村架純さんのタッグが人気のリーガルドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(TBS系)。8月26日に放送された第7話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。
 

石子と羽男
画像出典:TBS『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』公式サイト

 

第7話のおさらい

停車中のキッチンカーを破損させた人物を捜してほしいという依頼を受け、繁華街にやって来た石子(有村架純)と羽男(中村倫也)。そこは居場所を求める少年少女が集まる場所で、聞き込みをしても誰もまともに話を聞こうとせず無視されてしまいます。
 

ドライブレコーダーの映像をもとに聞き込みをした結果、車を破損させたのは少年少女たちのカリスマ的存在で「K」と呼ばれる人物だと判明。そんな中、羽男が聞き込みをした家出少女・川瀬ひな(片岡凛)から「助けて!」と電話が入ります。石子とともにかけつけると、歩道橋から転落して救急車で運ばれる東美冬(小林星蘭)の姿が。血まみれの美冬を見た石子は過去のトラウマが蘇りうずくまってしまいます。
 

「案件」と呼ばれる援助交際を行っていたため警察を呼べなかったというひなを、潮法律事務所に連れて帰る石子。美冬は父親(野間口徹)から暴行を受けており、彼から逃げきったところで転落したのです。心を許した唯一の友人である美冬を助けるため、父親を訴えたいというひな。しかし民事、刑事ともに法的に訴えるほどの証拠がなく、石子と羽男は法律家の手の届く限界に唇を噛みます。
 

そんな折、「K」と呼ばれる人物が遺体で発見されたというニュースが。彼女は美冬やひなのような家出少女たちに「案件」を斡旋し、盗撮映像をネタに不当なバックを得ていた模様。さらに、キッチンカーを破損させたのは「K」に扮して盗撮映像を取り返そうとした際の事故だったと判明。羽男は未成年の美冬に代わり父親をキッチンカーの件で訴え、その裁判で父親の暴行も炙りだそうと画策。大庭(赤楚衛二)や塩崎(おいでやす小田)の協力も得ながら、見事、思惑どおりに解決へ導くのでした。

 

石子と羽男
画像出典:TBS『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』公式サイト

 

家出少女を導く石羽コンビに『MIU404』を思い出す声も

優秀な石子が司法試験に落ち続ける理由も明かされた第7話。事務所の経済状況に頭を抱えながらも、少女たちのために一肌脱ぐ石子、羽男、綿郎(さだまさし)の姿に胸があたたかくなる展開に。
 

Twitterでは「Kのお店の子からひなに脅しの電話掛かってきた時、石子ちゃんに何も言われずとも、しっかり追い詰めた羽男さんに成長感じた」「石子と羽男のバディ感、今回も息ピッタリで良き」「お金にならなくても助けたいと決めた石子にも、あんな辛い過去があったんだね」「MIU404の7話も家出少女たちにちゃんとした大人もいると福祉に頼る選択肢を示す回だったな」などの声が上がっています。
 

一方、石子と“お付き合い”をする運びとなった大庭の転職先が何やら怪しげで、大庭の恋と仕事を心配する視聴者が続出。「いつの間にか『代表取締役』とか怪しい匂いしかしない」「大庭くん、やっぱりキーパーソンだった…」「大庭くん、契約取れた!とか喜んでたのヤバい契約決定!犯罪になるレベル?文房具屋さんじゃないの?」「大庭くんがかなりヤバイ状況に追い込まれようとしてるのは伝わる。ワクワクと恐ろしさと…」などのコメントが殺到しています。
 

第8話で石羽コンビが立ち向うのは、“隠れ家”を売りにしている創作料理店がグルメサイト掲載の取り消しを求めて運営会社を訴えたいという相談。羽男は因縁の相手・丹澤(宮野真守)と再び対決することに。大庭の行く末からも目が離せません。

 

『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』第8話 9月2日放送予告



【バックナンバー】
『石子と羽男』第6話 中村倫也まさかの古畑モノマネに反響「BGM付きw」「可愛すぎてツボる」の声
『石子と羽男』第5話 コンビ解消の危機…!? “羽男”中村倫也の真意に反響「深い」「泣ける」の声
『石子と羽男』第4話 弱さを見せ合う朝焼けシーンに反響「神回」「良すぎた」めるる名演技に驚きの声も
『石子と羽男』第3話 “ファスト映画”をめぐる井之脇海×でんでんのラストシーンに反響「ガツンときた」
『石子と羽男』第2話 “親ガチャ”に対する名言&名対応に共感と感動の声「グッときた」「石子に禿同」
『石子と羽男』第1話 中村倫也の早口長セリフにネット熱狂「すでにいいコンビ」「全員魅力的」の声

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も