宮沢りえ、若い頃の大胆ミニスカショット公開! 小麦色の肌と露出した太ももが美しい姿

俳優の宮沢りえさんは8月24日、自身のInstagramを更新。若かりし頃のミニスカショットを公開しました。

俳優の宮沢りえさんは8月24日、自身のInstagramを更新。若かりし頃のミニスカショットを公開しました。
 

大胆ミニスカショット!


宮沢さんは「友達が不意に送ってきた若い頃の私の面影。。。」とつづり、自身の写真を1枚載せています。太ももがあらわになるほど短い丈のミニスカートをはいた姿です。髪の毛は茶髪ロングで胸の辺りまで長さがあります。小麦色に焼けた肌で、宮沢さんがかなり若い頃の写真だと思われます。

続けて「この時は、心も体も弾けていたなぁ。年を重ね、生きる鮮度というものは、与えられるものではなく、見出す事だと感じてます」と、自身の考えを披露。「明日も鮮度を見出したい。鮮度を持って人と関わりたい。毎日、ナマモノだ」という言葉で文章を締めくくっています。

宮沢さんは1973年4月生まれで、11歳のときにモデルとしてデビューしました。1988年公開の映画『ぼくらの七日間戦争』で俳優デビューを果たし、日本アカデミー賞の新人賞を受賞。他にもドラマや舞台、CMなどに出演し、俳優として大活躍中です。


>次ページ:宮沢りえさんの美しい姿をもっと見る


【おすすめ記事】
水川あさみ、宮沢りえと“大好き”ツーショット披露! 「2人とも肌が美しすぎます」「お二人共、美」
松本若菜、ナチュラルメイク&肩出しショットが「宮沢りえ」「沢尻エリカ」に似てると話題に
森田剛、コーヒーを飲む渋すぎる姿を公開! 「コーヒー飲んでるだけでこんなにかっこいいなんて」
49歳の高岡早紀、「カボチャパンツ」で美脚披露! 「可愛すぎます」「そんな格好が出来るなんて羨ましい」
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在