横浜中華街で巨大「中秋大月餅」の展示がスタート! 9月11日まで中秋節の風物詩

横浜中華街のローズホテル横浜では、8月16日から1階ロビーで「中秋大月餅」の展示がスタート。今年で29回目で中秋節翌日の9月11日まで見学可能です。「中秋節」は日本のお月見にあたる中国の行事で、家族そろって月餅を切り分けて食べる風習があります。

ローズホテル横浜で中秋大月餅の展示がスタート

横浜中華街にあるローズホテル横浜では、8月16日から1階ロビーで「中秋大月餅」の展示がスタート。直径約1メートルもある巨大な月餅で、今年は中秋節翌日の9月11日まで展示されます。この時期の風物詩ということで、見学してきました(画像は筆者撮影、一部提供)。
 

中国の行事「中秋節」について

中国の行事である中秋節(2022年は9月10日)は、日本のお月見・十五夜にあたり、中国では豊作のお祝いの日とされています。国民の祭日になるほどで、春節(旧正月)の次に大きな行事となっています。この時期は嫁いだ娘も実家に帰って一家団らんを楽しむことから「団円節」とも呼ばれています。

重慶飯店の鹹蛋(タンファン=塩漬け卵の黄身)が入った中秋月餅(提供画像)
重慶飯店の鹹蛋(タンファン=塩漬け卵の黄身)が入った中秋月餅(提供画像)

今でこそ1年中販売されている「月餅(げっぺい)」ですが、もともとは中秋節の時期だけのものだったそう。横浜中華街ではこの時期だけ、あんの中に満月に見立てた塩漬け卵の黄身=鹹蛋(タンファン)が入った「中秋月餅」が発売されます。
 

横浜中華街で巨大月餅の展示を始めた理由

直径約1m、300人分相当の大きさ

2022年で29回目となるローズホテル横浜の巨大月餅の展示。「中秋節に月餅を家族で切り分けて食べる」という中国の風習が日本でも広まって欲しい、との思いからスタートしました。

重慶飯店の工場で丸1日かけて製造
重慶飯店の工場で丸1日かけて製造(提供画像)

大きさは、直径約1メートル、重さは約60キロ。約300人分に相当します。同ホテルグループの四川料理店「重慶飯店」の工場で職人さんが丸1日かけて製造したそう。

ローズホテル横浜1階ロビーに展示

1階ロビーに展示されており、見学や記念撮影もOK。例年は新たに作った巨大月餅を中秋節の日に切り分けて無料で配布していますが、新型コロナウイルスの感染状況をふまえ2020年、2021年同様、2022年も展示のみとなっています。9月11日(中秋節の翌日)まで。
 

大月餅の展示と合わせて「中秋大月餅クイズ」も実施されていますので、ボードのQRコードを読み込んで参加してみては。同フロアにある重慶飯店 新館売店では、大小さまざまな月餅をはじめ中華菓子や点心なども販売していますので、こちらものぞいてみてください。
 

・URL:ローズホテル横浜

 

【おすすめ記事】

横浜中華街で人気の「月餅」を食べ比べ! お月見には中秋月餅を
ローソンが「重慶飯店」監修商品を発売! 汗が噴き出す白担担麺&中華風カレーが辛うま!
ローソンが「重慶飯店」監修チルド惣菜を発売! プリプリ食感のエビチリなど本格中華が家で楽しめる
横浜で「チャイニーズアフタヌーンティー」が人気! 点心&中国茶を満喫できるスポット
はじめての横浜中華街 間違いない名店おすすめ10品

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「自分には困らないけど、観光客には不便だと思う」在住歴25年のタイ人男性が語る、日本の利点と不便さ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『関心領域』が好きな人へ。併せて見てほしい「理由」がある映画『ONE LIFE』を解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密