日本にも「月餅ブーム」がじわじわ!? ザ・ペニンシュラの月餅人気がすごい

日本のお月見にあたる中華圏の一大イベント・中秋節で、なくてはならない食べ物といえば月餅。今はモダンなフレーバーのものが人気だそうですが、その波が今、日本にも押し寄せつつあるのだとか……?!

中秋の名月(十五夜)※画像はイメージ

日本ではお月見団子とともに楽しむ中秋の名月(十五夜)。もともとは平安時代に中国から伝わったもので、中華圏では「中秋節」として、春節(正月)に次ぐ重要な祝日となっています。2022年は9月10日土曜日です。
 

中秋節は、家族が集まり美しい月を見ながら豊作を祝う伝統行事。欠けていない月を家族団らんの象徴と考えて、家族で過ごす大切な日です。
 

その中秋節になくてはならない食べ物が「月餅」。中華圏を中心に、シンガポールやベトナム、タイなどの東南アジアでも、月餅を贈り合う習慣があります。月餅にかける人々の情熱は、想像以上に熱いもの。筆者もシンガポールで、巨大ショッピングセンターの一番広いイベント広場一面に、さまざまなブランドの月餅販売ブースがひしめき、熱気に包まれていたのを目撃したことがあります。その波が今、日本にも押し寄せつつあるのだとか……!?
 

ザ・ペニンシュラの月餅が大ヒット

東京・日比谷にあるラグジュアリーホテル、ザ・ペニンシュラ東京。香港生まれのホテルブランドとあって、毎年上品な東京オリジナル月餅が、期間限定で登場します。
 
ペニンシュラ ミニエッグカスタード月餅
香港直輸入の「ザ・ペニンシュラ ミニエッグカスタード月餅」

2021年はこれとは別に、本場香港から直輸入の、個包装で賞味期限が長く世界30カ所以上で販売されている月餅も発売したところ、驚くほど売れに売れたのだそう。どうやら日本在住の中華系の人たちがコロナ禍で簡単に里帰りできず、日本で月餅の逸品を求めた結果このような現象が起こった模様。2022年も予約・販売が始まりましたが、すでに完売の商品もでているそうです。
 

香港直輸入、ザ・ペニンシュラオリジナル月餅とは

さて月餅と一口にいっても、ごまを練り込んだこしあんのものや、パイ生地、中がミンチ肉などなど、スタイルも味も実にさまざま。香港直輸入の「ザ・ペニンシュラ ミニエッグカスタード月餅(4個入り/3488円)」は、1986年、伝統的な蓮の実のペーストやアヒルの卵黄を使った月餅をベースに発案された、ザ・ペニンシュラ香港オリジナルレシピにそって作られています。ポルトガル発祥で香港に根付いた人気スイーツ・エッグタルトの要素が入った月餅は、実に香港らしい一品といえるでしょう。

ミニエッグカスタード月餅の餡
可愛らしい見た目も人気の秘密

ほとんどが餡でできているのでは? と思うほど贅沢な月餅は、優しい甘さであっという間に食べられるのですが、餡が隙間なく詰まっている“みっちり”感が印象的。愛嬌のある黄色で、見た目のかわいらしさも特徴です。
 

2022年はモダンなフレーバー月餅が初上陸

ところで香港では今、モダンでユニークなフレーバー月餅が人気だそう。その流れを受け、2022年はザ・ペニンシュラのフレーバー月餅が、都内の百貨店などに初上陸します。

ミニ月餅ティーセレクション
「ミニ月餅ティーセレクション」は4つのフレーバー×2個の8個入り
その中の1つ「ミニ月餅ティーセレクション(8個入り/6288円)」は、エッグカスタード餡にホテル自慢のアールグレイ、ライチティー、鉄観音、ブレンドティーを練り込んだ、モダン月餅の楽しい詰め合わせ。どのフレーバーもほのかに香り、ザ・ペニンシュラのオリジナル月餅の味わいをさらに引きたてるような上品さが光ります。
 
ミニ月餅ティーセレクションのボックス
「ミニ月餅ティーセレクション」のボックス。デザイン性も高い

ボックスからして華やかで気分があがるザ・ペニンシュラの月餅。2022年は8種類ものセットや詰め合わせが登場し、伊勢丹や髙島屋での期間限定出店など、都内近郊の人気百貨店でも手に入るようになりました。目にする機会も増え、中華圏でのおしゃれ月餅人気が、これから日本でも注目されるのではないでしょうか。
 

※各月餅、取り扱い場所が異なります。詳しくはコチラ


【おすすめ記事】
ウェザーニュースの気象観測器「WxBeacon2」が超便利! 今いる場所の気圧や紫外線などが分かる
ファン待望の鎌倉紅谷「クルミッ子キャラメルソース」が発売! スイーツ、ドリンク、料理にもかけ放題
カルディ「決算セール」第2弾! “素焼きミックスナッツ”など人気商品が今期最安値で販売中
コスパがいいと思う焼き肉チェーン店ランキング! 「牛角」「すたみな太郎」を抑えた1位は?
好きな回転寿司チェーン店ランキング! 3位「はま寿司」を抑えたTOP2は? 
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」