「ふるさと納税」寄付額単価が高い自治体ランキング! 2位「京都府京都市」、1位は?

ふるさと納税総合研究所は、令和3年度ふるさと納税寄付額の自治体別寄付額単価を調査・分析し寄付額単価ランキングを作成しました。寄付額単価が最も高かった自治体1位は?

「ふるさと納税」寄付額単価が高い自治体1位は?(画像はイメージ)

ふるさと納税総合研究所は、令和3年度ふるさと納税寄付額の自治体別寄付額単価を調査・分析し「ふるさと納税分析レポート」として公開しました。各自治体を寄附金額別に分けたのち、「寄付額単価」でランキングにまとめたものです。
 

本記事では、寄附金額30億円以上、10億円以上30億円未満、10億円以下のランキングを中心に紹介します。
 

寄付単価は1〜2万円と手頃な金額が多くを占める

寄附金額30億円以上を見ると、寄付額単価が最も多かったのは「愛知県幸田町」(単価11万3763円)。次いで「京都府京都市」(同5万5969円)、「兵庫県加西市」(同4万1111円)でした。
 

愛知県幸田町のふるさと納税返礼品を見ると、お肉や地元の特産品に加え、エアウィーヴの布団(36万5000)やデジタルスチルカメラ(142万6000円)、自律型ロボット「aibo」(113万円)などが並んでいます。
 

寄付受入額30億円以上
寄付受入額30億円以上

1位の愛知県幸田町を除き、全体的に寄付単価は1〜2万円台が中心です。受入額が最も高かったのは宮崎県都城市の146億1619万1000円となっています。

単価5〜15万円が多くなるぶん受入総額は低い

寄付額10〜30億円未満では、1位「長野県軽井沢町」(単価43万5953円)、2位「神奈川県箱根町」(同16万7916円)、3位「福岡県大川市」(同14万7002円)となっています。
 
寄付受入額10〜30億円未満
寄付受入額10〜30億円未満

1位の軽井沢町は、自治体ブランドランキングでも上位に入る地域で、返礼品のない高額な寄付が多いようです。5位以下から単価10万円を切っているものの、20位の秋田県北秋田市でも約4万円と決して安くありません。
 

>次ページ:寄付額10億円未満は返礼品を目的としない層が多め

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは