国会欠席のガーシー、委員会に「アホらし」と反発! 「言いたいこと全部言ってくれた」「カッコ良すぎる」

YouTuberで参議院議員の東谷義和(ガーシー)さんは8月3日、自身のInstagramを更新。参院議院運営委員会が海外渡航届を許可しないと決めたことに対し、「アホらし」と反発しました。

YouTuberで参議院議員の東谷義和(ガーシー)さんは8月3日、自身のInstagramを更新。参院議院運営委員会が海外渡航届を許可しないと決めたことに対し、「アホらし」と反発しました。
 

「人の粗さがしてる老害ども ええ加減に身ひいて」


東谷さんは「アホらし お前らに参議院議員にしてもらった訳でもないのに偉そーにすな オレの議員としての存続を決めれるのは、票を入れてくれた支持者だけや 居眠りこいてるジジイやゴルフや飲み過ぎで議会欠席してるジジイ、パパ活不倫してる奴らに言われる筋合いはない」とつづり、画像を1枚載せています。「ガーシー氏渡航届は不許可 衆院議運委、全会一致で」とタイトルがつけられた記事の画像です。東谷さんは海外にいるため、国会に出席することができません。そのため海外渡航届を提出したのですが、「許可せず」という結果が出ました。

それを受け、「突けば吹き飛ぶよーなジジイ相手にケンカしたないねん 海外にいてもできることはよーけある。海外やないとできひんこともよーけある」「日本にいても何もせん、人の粗さがしてる老害ども ええ加減に身ひいて、次の時代の若者にバトン渡せや」「リモートでも当選することを立証した、それが次の選挙にどー繋がるか? お前らにもわかるような未来が訪れるわ」「SNSをろくにつかえん奴は当選せーへん時代がもーそこまできとるわ」と、ありったけの思いを吐露。

コメントでは、「言いたいこと全部言ってくれた」「カッコ良すぎる!!ガーシーに投票した自分すら誇らしく思える」「ガーシーさんに同意します」「ガーシー最高」と、称賛の声が多数上がっています。さらに東谷さんは投稿に、衆議院議員・中曽根康隆さんのInstagramをタグ付けしています。そのことから、「中曽根康隆にガーシー砲か?楽しみ~」という声も上がりました。

東谷さんは、暴露系YouTuberとして話題を集めています。7月10日に投開票された第26回参議院選挙では、NHK党から比例区で立候補し初当選を果たしました。8月2日には自著『死なばもろとも』を出版し、数日で10万部を突破しています。今、注目せざるを得ない人物の1人です。


>次ページ:東谷義和さんの投稿をもっと見る


【おすすめ記事】
東海オンエア・てつやとのキス動画流出の登録者130万超YouTuber、活動休止へ。“ガーシー砲”で誹謗中傷止まず、突発性難聴を発症
ヒカル、“4630万円問題”田口翔の独占インタビュー公開! 「反省してるのが伝わる」「笑顔が見れて良かった」
粗品、「俺ちゃうで」と“4630万男性”のものまね披露! 「もーこれは本人やん笑」「完全一致」
4630万男・田口翔を救ったヒカル、賞金1000万を賭けた「リアルカイジ」開催へ。参加者に“クズの極み”を募る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応