「現地で良い観光情報を入手できた都道府県」ランキング! 2位「京都」を抑え11年連続1位は?【2022年】

じゃらんリサーチセンターは、全国1万4123人を対象に実施した「じゃらん宿泊旅行調査 2022」を発表しました。今回は、「現地で良い観光情報を入手できた都道府県」ランキングです。



リクルートが運営する「じゃらんリサーチセンター」は7月12日、「じゃらん宿泊旅行調査 2022」を発表しました。全国1万4123人を対象に、各都道府県のさまざまな魅力を調査し、ランキング形式でまとめたものです。

今回は、「現地で良い観光情報を入手できた都道府県」ランキングを紹介します。※調査対象は2021年4月〜2022年3月に国内宿泊旅行をした人

 

第3位:愛媛県(36.8pt)

3位は、「愛媛県」でした。

松山を中心に中予地区・南予地区・東予地区の3つのエリアに分けられ、道後温泉や正岡子規の関連施設といった観光地が多く点在しています。島々に架かった橋が独特の景色として知られる「しまなみ海道」も、1度は訪れてみたい場所でしょう。

 

第2位:京都府(36.9pt)

2位には、「京都府」がランクイン。3位の愛媛県とは0.1ポイント差でした。

歴史と伝統が今も続く日本屈指の「文化の都」として、毎年国内外から多くの観光客が訪れる地です。国宝彫刻第1号となった広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像(みろくぼさつはんかしゅいぞう)や、千手観音坐像(せんじゅかんのんざぞう)といった多くの仏像や神社があり、パワースポット巡りも人気の楽しみ方の1つとなっています。京都府は、基本的な観光案内所やパンフレットに加え、インターネットやSNSで他県よりも多く情報が入手できる傾向にあるようです。

 

第1位:沖縄県(46.1pt)

1位は、「沖縄県」でした。

11回連続で1位を獲得した沖縄県は、インターネットやSNSでの情報に加え、地元住民からの情報が豊富という声も。本島南部の中核をなす那覇エリアをはじめ、石垣島、宮古島など、見どころの多い国内有数のリゾート地としても有名です。「琉球王国のグスク及び関連遺産群」や豊富な自然を生かしたアクティビティなど、年間を通して旅行客を楽しませてくれます。


>次ページ:10位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「大人が楽しめるスポットや施設が多い都道府県」ランキング! 2位「奈良県」、1位は?【2022年】
「若者が楽しめるスポットや施設が多い都道府県」ランキング! 2位「千葉県」、1位は?【2022年】
「魅力的な宿泊施設が多かった都道府県」ランキング! 11回目の1位を獲得したのは? 【2022年】
1万4123人が選ぶ「旅行満足度の高い都道府県」ランキング! 3位 三重県、2位 沖縄県、1位は?【2022年】


【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」