カルディ「すいかのくずきり」は“ぷるぷる”食感が楽しめる珍しいスイーツ

カルディが「すいかのくずきり」を発売しています。ちょっと変わったデザートのようですが、どんな味なのでしょうか。実食レポートします!

カルディコーヒーファームの「すいかのくずきり(熊本県益城町産すいかの果汁使用)」(画像は全て筆者撮影)

夏といえば「すいか」。みずみずしくておいしいですよね。すいかはそのまま食べるのが一般的ですが、カルディコーヒーファーム(以下、カルディ)からはちょっと変わったデザートが発売されていました。なんと、「すいかのくずきり(熊本県益城町産すいかの果汁使用)」です。早速購入して食べてみました。
 

パッケージを開けるときに注意!

どこか懐かしい雰囲気のデザート

「すいかのくずきり」は外側はすいかのイラストが描かれた紙で包まれています。どことなく懐かしいタッチのすいかです。紙を外すとカップが出てきますが、ふたを開けるときにはかなり注意が必要です。

ふたを開けるときにシロップが飛び出てきた

少し開けただけで、中から液体が飛び出てきました。

注意書きをよく読んでふたを開けよう

確かに中のシロップが出てくることがあると注意書きがありますが、本当にピュッと飛んでくるので、ゆっくりと丁寧に開けましょう。
 

シロップはすいかの香り

シロップは甘いすいかの香り

シロップにはすいか濃縮果汁が使われているので、甘いすいかの香りがしてきます。加工されてない生のすいかも香りはありますが、それよりも強くて甘さがプラスされている香りです。
 

また色はすいかの赤に似ています。ところどころ見えるのは、すいかの繊維でしょうか。最初に見たときには「あれ?」と思うかもしれませんが、品質には問題ないとパッケージに書かれています。
 

くずきりは、ぷるんとした食感

ところてんのような食感のくずきり

くずきりはところてんのような食感でした。葛餅のような弾力はないのですが、ゼリーほどの柔らかさでもありません。お箸で持てるほどのかたさで、ぷるんとしています。
 

くずきり自体には、それほど味はありません。すいか風味のシロップに絡めて食べるからこそ、夏の風物詩すいかを堪能できるのでしょう。
 

カルディの「すいかのくずきり」は170g入りで240円です。すいかを使用した珍しいスイーツで、ぜひ一度食べてみてほしい味でした。くずきりを先に食べるとシロップが残ってしまいますが、これはかき氷のシロップとして使うのもおすすめですよ。


【おすすめ記事】
カルディ、コーヒー豆を買うともらえる「オリジナル扇子」はカバンに忍ばせたいオシャレアイテム
カルディの「もっちりミニトマト」はまるで水羊羹のような弾力! 「トマトのスイーツもあり」と思わせるおいしさ
丸亀製麺、「豚しゃぶおろしうどん弁当」など夏季限定「丸亀うどん弁当」を発売!
ミスドに仮面ライダー&プリキュアが登場!「夏休みコラボドーナツ」7月20日発売
横浜の人気ラーメン店「丿貫」煮干そばの“ニボニボ感”をカップ麺で! ファミマ限定発売【実食レポ】

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応