もう一度見たい、1990年代の月9ドラマランキング! 2位『東京ラブストーリー』を超えた1位の作品は?

gooランキングは、2022年5月9日に20~40代の男女500人を対象にした「もう一度見たいと思う1990年代の月9ドラマ」に関するアンケート調査を実施。選ばれた作品を、ランキングで発表します!

フジテレビが放送する月曜21時からの連続ドラマ枠、通称「月9」。これまで数々の名作を生み出した人気枠であり、「月9だけは欠かさず見てる!」という人もいることでしょう。gooランキングは、20~40代の男女500人を対象に「もう一度見たいと思う1990年代の月9ドラマ」の調査を実施(調査日:5月9日)。いったいどの作品が1位に選ばれたのでしょうか。
 

2位:『東京ラブストーリー』

画像出典:Amazon

2位にランクインしたのは、1991年1~3月に放送された『東京ラブストーリー』でした。織田裕二さん(永尾完治)・鈴木保奈美さん(赤名リカ)が主演を務め、きらびやかな大都会・東京で繰り広げられる2人の恋を描いた作品。自由奔放な赤名リカに振り回されながらも、次第にひかれていく“カンチ”の姿が印象的です。

最高視聴率は32.9%を記録し、2020年にはリメイク版が放送されるなど、世代を越えて知られるドラマが2位となりました。
 

1位:『101回目のプロポーズ』

画像出典:Amazon

1位に輝いたのは、1991年7~9月にかけて放送された『101回目のプロポーズ』でした。武田鉄矢さん・浅野温子さんが主演を務め、劇中のセリフ「僕は死にましぇ〜ん」は、1991年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の大衆部門で金賞にも選ばれるほど話題を集めた作品です。

100回のお見合いを経験した不器用な冴えない中年の会社員の男性と、亡くなった恋人が忘れられない美人チェロ奏者の女性という、まさに“美女と野獣”のような組み合わせのラブストーリー。最高視聴率は36.7%を記録し、2013年には日中共同で映画も製作されるなど、アジア各国で大ヒットとなったドラマが1位に輝きました。


>3位にランクインした作品を見る


【おすすめ記事】
「もう一度見たい月9ドラマ」ランキング! 3位『HERO』、2位『ガリレオ』、1位は?
「一番好きなTBS金曜ドラマ」ランキング! 『花より男子』シリーズを抑えた1位は?
初回がおもしろかった春ドラマランキング! 2位『正直不動産』を抑えた1位は?
「名作だと思う刑事ドラマ」ランキング! 3位『踊る大捜査線』、2位『古畑任三郎』、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」