メルカリの出品禁止物に電子チケットや電子クーポン、QRコードなどの電子データが追加(画像は筆者撮影)


メルカリには出品禁止物がありますが、2022年6月10日から、新たに電子チケットや電子クーポン、QRコードなどの電子データが加わりました。メルカリやメルカリShopsでの出品が禁止され、出品をすると削除されることに。具体的にどんなものが出品できないのか、詳しくみていきます。
 

6月10日から新たに出品が禁止されたもの

今回出品禁止物に加わるのは「電子チケット」「電子クーポン」「電子データ」ですが、具体的には以下のものになります。

■電子チケット、電子クーポン、QRコードなどの電子データ

  • 電子チケット
  • 電子クーポン
  • QRコード
  • カフェやコンビニ等のギフトカード
  • SIM等の通信サービスやその他各種商品・サービス・機能を利用するためのコード類
  • プロダクトコード
  • ダウンロードコード
  • 電子コード
  • その他、事務局が不適切と判断したもの
これらの商品のURLやコード等を印刷して、それを送るのも違反です。

■ダウンロードコンテンツやデジタルコンテンツなどの電子データ
  • 公式ホームページ等から電子コード等の情報を入力してダウンロードするPCソフトやアプリケーション、ゲームソフト
  • インターネット上からダウンロードする画像やイラスト、書籍、文書、音楽、映像等のデジタルコンテンツ(上記をダウンロードするための電子コード等の情報も違反。また、その電子コード等の情報を印刷した物を送るのも違反)
  • その他、事務局が不適切と判断したもの

一方で違反にならないケースもあります。

■違反にならないもの
  • パッケージ版のPCソフトやゲームソフト本体
  • アーケードゲーム等に使用できるトレーディングカード
  •  ゲームアイテムなどが取得できるシリアルコードが特典として含まれている雑誌やゲーム機本体、ゲームソフト本体
 

出品禁止になった理由

なぜこれらの商品が出品禁止物になったのかというと、メルカリやメルカリShopsで「ダウンロードができない」や「使えなかった」などのトラブルがあったためです。一部の商品とはいえ、今後もトラブルが発生する可能性もあるので、メルカリがガイド改定を行ったというわけです。
 

6月10日以降、これらの商品を出品すると削除されることもありますし、悪質な場合にはアカウント停止なども考えられます。ルールを守ってメルカリやメルカリShopsを使っていきましょう。



【おすすめ記事】
メルカリの「規約改定」が「高額転売OK?」と話題に、改定の理由をメルカリに聞いてみた
メルカリで売った「推し活グッズ」がすぐに転売された! ファンだと思っていたのに、悔しい
メルカリ便で送付先を変更してほしいとの要望がありました。どうすればよいでしょうか?
メルカリで値下げに応じないからといって嫌がらせのコメントが届いた! どうすれば良い?
メルカリで「○○円なら即決します」という購入希望者。「上から目線」にモヤッとする


【関連リンク】
メルカリびより