NEXERが運営するキャリアバイブルは、「新卒入社した会社と転職」に関するアンケート調査結果を公表しました。同調査は、事前調査で「新卒で会社に就職した」と回答した全国の50代以下の男女450人を対象に、インターネット上で実施されたもの(調査期間:2022年5月29〜31日)。新卒で入社した会社に現在も勤めている人に「転職」についての考え方を聞きました。
 

多くの世代で半数以上が「転職を考えたことがある」

現在も新卒で入社した会社に勤めていますか? 出典:キャリアバイブルによる調査

回答者450人中、「現在も新卒で入社した会社に勤めている」と回答した人は、30代以下が32.7%、40代は17.3%、50代が16.7%でした。
 
転職を考えたことはありますか? (現在も新卒で入社した会社に勤めている141人が対象) 出典:キャリアバイブルによる調査

「現在も新卒で入社した会社に勤めている」141人中、「転職を考えたことがある」と回答した人は、多くの世代で半数以上を占めました。
 

転職を考えた理由は? 「仕事量と給料が見合ってない」「挑戦したい」

転職を考えたことがある人からは、「仕事量と給料が見合ってない。人間関係がしんどい(20代女性)」「今の会社の嫌な部分が見えてきたから(30代男性)」などのほか、「業績がわるくなり先行きが不安だから(40代女性)」「社会的不安定な時代に経営が厳しくなった。年齢的なこともあり、長く勤まる業務内容を取得しようと思った(40代女性)」など、“先行きが不安になった”という声もありました。

さらに、「新しい事に挑戦したいと思い始めた(20代男性)」「残りの人生、挑戦したいから(40代男性)」「転職したらもっとモチベーションが向上する仕事に就けると思ったから(50代男性)」など、前向きなコメントも集まりました。
 

「報酬と業務内容が自分向き」 転職を考えたことがない人も

一方、「転職を考えたことがない」という人の中には「給料がいいし、休みも取りやすい(40代男性)」「報酬と業務内容が自分向き、福祉制度も充実しているから(50代男性)」「仕事内容、一緒に仕事している人等が好きなので転職は考えていません(30代女性)」など、待遇や環境に不満を感じていない人も多いようです。

ほかにも、「面倒くさいから(30代男性)」「他社で通用しないから(50代男性)」「自信がない(40代男性)」との声もありました。
 

転職を考えるも、“断念”した理由とは?

転職を考えたが、“転職しなかった”という人に、その理由を聞きました。

まずは、「給料が低い。人間関係がぐちゃぐちゃしている」との理由から、転職を考えた20代の女性は、「自分のやりたいこと、続けられる仕事がわからないから」と、転職を断念。また、「同じ会社に居るとマンネリ化する気がします」との考えから転職を考えた30代の男性は、「安定ですかね。リスクがあるので」と回答。「新しい事に挑戦したいと思い始めた」という20代の男性は、「家庭がある為なかなか踏み出せずにいる」など、リスク回避の観点から転職を見送っている人もいるようです。

中には、「社会的不安定な時代に経営が厳しくなった。年齢的なこともあり、長く勤まる業務内容を取得しようと思った」という40代の女性は、「引き継ぐ人材がいなかった」ことから転職を断念。また、「異動の度に仕事内容が変わるので、固定のスキルを活かした仕事に就こうと考えたことがある」という50代の男性は、「毎日が仕事で忙しすぎて、資格取得や情報収集の時間がなかなかとれなかった」など、現職を続けながらの転職活動の難しさに直面した、という声もありました。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
平均残業時間が少ない職種ランキング! 2位 営業事務アシスタント(11.1時間)を抑えた1位は?
「Excelができる人」ほど残業時間が増える傾向。残業月30〜40時間以上も
転職先が「悪い意味で想像と違っていた」こと! 2位は「職場の雰囲気や環境」、1位は?
「転職回数」は合否に関係する? 「飽き性や協調性の無さの場合は論外」の声も【面接官経験者600人調査】
「転職後にギャップがあった」20代の約7割が回答、理由TOP3は「人間関係」「仕事内容」、あと1つは?

【関連リンク】
キャリアバイブル
NEXER
プレスリリース