文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所は4月4日、「2023年入社希望者対象 就職ブランド調査(前半)」の業界別順位を発表しました。就活中の学生(現大学4年生・大学院2年生)2万5560人に対して入社希望企業などを調査し、ランキングにまとめたものです。

本記事では、化学部門のランキング結果を紹介します。
 

第3位:カネカ

3位は、「カネカ」でした。東京都港区と大阪府大阪市北区に本社を置く化学メーカーです。食品から合成繊維、化成品などを幅広く手掛けています。コエンザイムQ10の原料を製造しているメーカーとしても有名です。総合ランキングでは、81位にランクイン。
 

第2位:花王

2位には、「花王」がランクイン。主に化粧品やヘルスケア用品、生活日用品などを中心に手掛けている消費財化学メーカー。カネボウやビオレ、ヘルシアといったなじみ深い製品・ブランド類を展開しています。総合ランキングでは71位でした。
   

第1位:富士フイルムグループ

化学部門1位は、「富士フイルムグループ」が獲得。オフィス機器やデジタルカメラのほか、医療機器や医薬品の開発、記録メディア、ディスプレイなど幅広く手掛けている大手化学メーカーです。総合ランキングでは、36位にランクイン。


本調査は「前半」の調査結果です。4月~9月を「早期」、10月~3月中旬を「前半」、3月中旬~6月を「後半」と位置づけて年3回にわたって実施しています。


>次ページ:20位までのランキング結果


【おすすめ記事】
23卒春の文系男子就職人気企業ランキング! 2位 三菱商事、1位は?
【商社部門】就職ブランドランキング! 3位 三菱商事、2位 丸紅、1位は?【23卒】
【通信・IT・ソフトウェア部門】就職ブランドランキング! 2位 楽天グループ、1位は?【23卒】
【マスコミ部門】就職ブランドランキング! 2位 ソニーミュージック、1位は? 【23卒】

【関連リンク】
プレスリリース