文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所は4月4日、「2023年入社希望者対象 就職ブランド調査(前半)」の業界別順位を発表しました。就職活動中の学生(現大学4年生・大学院2年生)2万5560人に対して入社希望企業などを調査し、ランキングにまとめたものです。

本記事では、「建築・住宅」部門のランキング結果を紹介します。
 

第3位:大和ハウス工業

3位は、「大和ハウス工業」でした。1959年に“プレハブ住宅の原点”といわれる「ミゼットハウス」を開発して以降、半世紀以上にわたって家づくりの技術やノウハウを伝えてきた住宅総合メーカーです。総合ランキングでは102位となっています。
 

第2位:積水ハウス

2位は、「積水ハウス」でした。1960年に設立。約1万5000人の従業員数をほこり、うち約3000人の一級建築士を擁する大手住宅メーカーです。累積建築戸数は250万を超え、世界のハウスメーカーで1位(21年1月31日現在)に輝いています。総合ランキングでは97位にランクイン。
   

第1位:住友林業

建築・住宅部門1位は、「住友林業」が獲得。主に林業、木材建材、住宅事業、不動産事業などを手掛ける大手住宅メーカーです。1691年、住友家の別子銅山開坑による周辺山林の立木利用がルーツとされており、その後の財閥解体や数度の合併を経て、今の住友林業となっています。総合ランキングは30位でした。


本調査は「前半」の調査結果です。4月~9月を「早期」、10月~3月中旬を「前半」、3月中旬~6月を「後半」と位置づけて年3回にわたって実施しています。


>次ページ:20位までのランキング結果


【おすすめ記事】
23卒春の文系男子就職人気企業ランキング! 2位 三菱商事、1位は?
【商社部門】就職ブランドランキング! 3位 三菱商事、2位 丸紅、1位は?【23卒】
【通信・IT・ソフトウェア部門】就職ブランドランキング! 2位 楽天グループ、1位は?【23卒】
【マスコミ部門】就職ブランドランキング! 2位 ソニーミュージック、1位は? 【23卒】

【関連リンク】
プレスリリース