日本の「ジェンダー表現」の変化、感じる? アンケートの性別欄選択やユニセックストイレ設置の一方で……

ジェンダーバイアスを助長しかねないとの批判により販売中止となった「マイメロディ」商品の報道を受け、All About編集部では「ジェンダー」に関する調査を実施。日本社会における「ジェンダー表現」の変化や「配慮」が足りないと思う点について聞きました。

All About編集部では、ジェンダーに対する考え方について、アンケート調査を実施。同調査は、全国137人を対象にインターネット上で実施しました(調査期間:1月22~24日)。

今回は、日本社会における「ジェンダー表現」について聞きました。日本の公共施設などで、ジェンダー表現に「配慮」が足りないと感じる点、または昔と比べて変化したと感じる点が「ある」と回答した人は39人、「ない」が47人、「わからない」が51人でした。
 

「アンケートの性別欄」にジェンダー表現の変化を感じた人も

昔と比べて変化を感じた人の回答で多かったのは、「アンケートの入力の際に男性、女性の二択ではなくなっていること(30代女性)」「アンケートの性別欄に『回答しない』などの選択肢が増えたのをよく見かけるようになった(30代女性)」など、アンケートなどで見られる性別解答欄の変化。

また、「自分が子供の頃は学校の出席番号は男子が先だったが、今は男女混合になっていたり、全員を下の名前で『~さん』と呼んだりするのは良い変化だと思います(30代女性)」「小学生のランドセルの色などに男=黒、女=赤という縛りがなくなってきた(50代その他)」「制服のズボンとスカートの変化(30代女性)」など、学校生活での変化を挙げる人もいました。
 

「ユニセックスデザインや男性BAさんが増えた」

「通販サイトで一着の服に男女モデルの写真があること(40代女性)」「洋服屋さんでもユニセックスデザインが増えてきたと思う(20代女性)」「メイクブランドも男性のモデルやBAさんが増えてきた(40代女性)」など、アパレルやメイクでの変化を感じ取った人も。

また、「男女とは別にジェンダーの方の御手洗が東京にあること(20代女性)」という声とは逆に、「やはり一番思うのはトイレです。ジェンダー表現的に考えるならば、もっとそういう方でも遠慮なく入れるどちらでも使用できるトイレがあった方がよいのでは、と思ったことがあります(40代女性)」「男性用の個室トイレが極端に少ないことにもう少し配慮がいるのではないかと思いました(40代女性)」など、トイレに関しては、まだごく一部でしか動きが見られないことを指摘する声も寄せられました。
 

ジェンダー表現にまだ「配慮」が足りないと感じる公共施設は?

トイレのほかにも、「男性専用車両がない(20代男性)」「ショッピングセンターで男女で販売場所が分かれていたりするところ(40代女性)」「ショッピングモール等で男性用トイレが圧倒的に少ないことや、公共の場での差別があり、生活しにくい(10代男性)」などのコメントがありました。

一方、「昔に比べてLGBTQの人たちの受け入れが広くなったし、その人たちも自分の思いを発信しやすくなったと思います。取り上げられることで理解の輪が広がっていると思います(30代女性)」という声も寄せられました。


※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
「男の子なんだから」「お姉ちゃんでしょ」って発言、子供はどう感じてる?
マイメログッズ「販売中止」に137人が賛否。“ジェンダー表現”の物議に「息苦しい世の中」の声も
「男の子だから」「女の子だから」…ジェンダーのステレオタイプ弊害と自分らしさ
ランドセルの色「男の子は黒、女の子は赤」は終わり? ラン活は同調圧力やジェンダーフリーへ
制服で「つらい思い」をしない社会へ… 広がるジェンダーレス制服・選択制、変える学校文化の「普通」
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】