2021年、最も多く視聴されたYouTubeチャンネル! 2位「まいぜんシスターズ」、1位は?

2021年も多くの人気YouTuberやYouTubeチャンネルが生まれました。特にショート動画と芸能人のチャンネルに注目が集まり、キッズ向け動画の人気も健在です。2021年、国内で最も多く視聴されたYouTubeチャンネルを発表します。

「kamui tracker(カムイトラッカー)」を運営するエビリーは、2021年1月1日〜12月8日の期間、日本国内でチャンネル登録者数1000人を超えるYouTubeチャンネルを対象とし、独自で集計したデータをもとに、2021年の総合YouTuberランキングを調査しました。この記事では、約12万チャンネルの中から、2021年に最も多く視聴されたYouTubeチャンネルTOP3をご紹介します。
 

第3位:「Fischer's-フィッシャーズ-」


2021年、最も多く視聴されたYouTubeチャンネルランキング第3位は、「Fischer's-フィッシャーズ-」です。2012年8月にスタートした「Fischer's-フィッシャーズ-」は2021年12月現在、チャンネル登録者数は705万人を超え、総視聴回数は130億回以上。

「Fischer's-フィッシャーズ-」は、中学校の卒業を機に同級生が「楽しい事」「思い出」を動画にすることを目的に2010年2月25日に結成されました。メンバーはシルクロード、ダーマ、ザカオ、ンダホ、モトキ、マサイの6人。決まり文句は「それでは皆さんせ~の、アデュー!」です。

「Fischer's-フィッシャーズ-」の動画はコメディ、チャレンジなどのテーマだけを決めてカメラを回しながらアドリブで映像を作り上げていくスタイルで、やんちゃ系YouTuber集団と呼ばれています。
 

第2位:「まいぜんシスターズ」


2位は「まいぜんシスターズ」です。「まいぜんシスターズ」は、「誰もが家族や友達と楽しめる動画を作り、日々の幸せの手助けをすること」を目標とするゲーム実況グループです。メンバーは真面目なぜんいちと愉快なマイッキーのほか、バナナくんやきゃりーちゃん。

「まいぜんシスターズ」は2015年から世界的な大ヒットゲーム「マインクラフト(マイクラ)」の実況をスタート、2019年からはチャリティー活動を行いライブ配信での収益を寄付しています。

「まいぜんシスターズ」のチャンネル登録者数はは2021年12月現在222万人を突破、総視聴回数は44億981万回以上を誇ります。特に小学生からの注目を集める「まいぜんシスターズ」の人気の理由は、キャラクターの親しみやすさや話し方、編集にあるようです。
 

第1位:「Junya.じゅんや」


第1位にランクインしたのは「Junya.じゅんや」。「Junya.じゅんや」のチャンネルは2020年9月にスタート。2021年12月現在のチャンネル登録者数は1220万人、総視聴回数は64億回を超え、さらに2021年、最も多く登録者を得たYouTubeチャンネルランキングでも第1位を獲得しています。

「Junya.じゅんや」のチャンネルでは10秒前後から1分台までのショート動画がメインで、体をはった「おもしろ動画」や表情が、小さな子どもにも分かりやすく、言語の壁を超えて海外でも人気があります。

「Junya.じゅんや」はまたYouTubeだけでなく、TikTokにも動画を投稿し、フォロワー数が2021年12月現在4020万人で日本一を達成、12月8日には「TikTok CREATOR AWARD 2021」特別賞を受賞しました。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
小学生に人気のYouTuberランキング! 3連覇中の『HikakinTV』を抑えた1位は?
保護者500人が選ぶ「教育系YouTuber」人気ランキング! 3位「松丸亮吾」、2位「中田敦彦」、1位は?
男子高校生が好きなYouTuberランキング! 「はなおでんがん」「ホロライブ」を抑えた1位は?
女子高校生が好きなYouTuberランキング! 同率2位は「東海オンエア」「最終兵器俺達」「すとぷり」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応