インテリアコーディネーター厳選! 2021年買ってよかった家具家電5選【2022年おうちをおしゃれに】

コロナ禍の影響で家で過ごす時間が長くなり、日常生活で使う頻度が高い家具や家電は好みに合うものに買い替えたいという人が増えました。2021年に人気が高かった家具や家電の中から特に好評な商品を、インテリアコーディネーター目線で厳選紹介します。

家で過ごす時間がこれまで以上に増えた2021年。より快適におうち時間を楽しむために家具や家電を買い替えた、買い足したという人も多いでしょう。テレワークの普及によって、人気家具メーカーのワークデスクやワークチェアが一時売り切れるという事態もありました。
 

家具や家電は安くない買い物だけに、しっかり吟味し納得して手に入れたいもの。2021年に買ってよかったという声が多い家具や家電の中から、プロのインテリアコーディネーターが特におすすめする商品を紹介します。
 

(1)イームズ ラウンジチェア オットマン


名作家具が多いイームズチェアの中でも、ゆったりとくつろげるとして人気が高かったのが、「ラウンジチェア オットマン」
 

リプロダクト品なので低価格で手に入れられます。座面から背もたれまで厚めのウレタンフォームとソフトレザーで仕上げてあるため、座り心地も抜群。部屋の広さに合わせてラウンジチェアとオットマンをそれぞれ別に使うことができる点もおすすめです。
 

>楽天市場のページで見る

 

(2)Yogibo Max


一般的なソファを置くとかなりスペースを取って狭くなってしまう…という悩みを持つ人におすすめしたいのがYogibo Max。横に倒せばソファに、立てれば椅子代わりにと用途が広いので、リビングはもちろん個室でも使いやすいのが魅力です。平らに広げると小さめのベッド程度のサイズになり、来客用やお昼寝用に。カラー展開が豊富なのでインテリアに合わせて選べます。
 

>Amazonのページで見る

 

(3)ディアウォールS 2×6


壁面やデッドスペースを利用して収納棚を自在なプランで設置できるディアウォールは、DIY好きの人にはたまらないアイテム。床と天井で突っ張るタイプの柱と固定材が基本セットで、棚を追加できる棚受けや天井高に合わせて柱を継ぎ足せる中間ジョイントなどのパーツを組み合わせることでさまざまなレイアウトの収納棚を作れます。
 

InstagramやPinterestでもタグ付け投稿がたくさん。既製品では物足りないという人におすすめです。
 

>楽天市場のページで見る

 

(4)バルミューダトースター


洗練されたデザインの商品展開が話題の電機メーカー・バルミューダが初めて手掛けた家電がこのトースター。2020年に新色ベージュが仲間入りした後も根強い人気を誇ります。
 

スチーム熱でふっくらとトーストが焼きあがるだけでなく、オプションのホーローバッドをセットすればグラタンやローストポークなども可能。置くだけでキッチンがおしゃれになるデザインもおすすめポイントです。
 

>Amazonのページで見る

 

(5)ブルーノ ハイブリッドUV加湿器 CALM MIST


長時間過ごすリビングや寝室では適度な湿度環境が不可欠です。デザインも機能も兼ね備えたブルーノの加湿器はインテリアにこだわる人に人気の商品。薪ストーブを思わせるフォルムであたたかい雰囲気を感じられるだけでなく、ヒーターとUVライトで除菌したミストがやさしく室内に広がります。付属のアロマパッドにオイルを垂らすと香りも楽しめて一石二鳥。
 

>Amazonのページで見る


家で過ごす時間を充実させるには、日常生活で使う機会が多い家具や家電を好みやライフスタイルに合わせるのが一番です。インテリアとの相性も考えながらじっくり選んでみてくださいね。


【おすすめ記事】
ガジェットマニア厳選! 2021年在宅ワークが捗ったガジェット3選【本気の愛用品】
【2021年に買ってよかったモノ】おうち時間がさらに充実したアイテム5選
【2021年に買ってよかったモノ】コロナ禍の毎日でも大活躍したアイテム5選
【2021年に買ってよかった】コロナ禍のおうちご飯を楽しくしてくれたモノ5選
【2021年に買ってよかったモノ】美容研究家が選ぶ「使い心地のよい」コスメ5選

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化