男女170人が選んだ、クリスマスに聴きたい邦楽3曲! 「悲しい恋の歌なのについ口ずさんでしまう名曲」

クリスマスが近づくと街中で流れ出すクリスマスソング。毎年聴く定番曲に新曲も加わって、クリスマス気分を盛り上げてくれます。数ある名曲の中から全国の男女170人に聞いた「クリスマスに聴きたい邦楽」3選をご紹介します。(画像出典:Amazon)

All About編集部では、全国の男女170人を対象に「クリスマスにした/してみたいこと」に関するアンケート調査を実施しました(調査期間:2021年12月3~20日)。調査結果から、今回は「クリスマスに聴きたい邦楽」おすすめ3選をご紹介します。
 

1:『クリスマスイブ』(山下達郎)

(画像出典:Amazon
12月22日に発表された「オリコン週間シングルランキング」で、36年連続TOP100内ランクインという歴代記録を更新した、山下達郎さんの『クリスマスイブ』。

「CMから流れるとクリスマスだなと1番思う曲(40代女性)」「物心ついた時から、クリスマスになるとこの曲が流れてくるため。発売から30年以上経っても色褪せないお洒落さ(40代女性)」「山下達郎さんの唯一無二の声が好き(30代男性)」などの声が寄せられました。

また、「少し切ない歌詞が心に響く(30代女性)」「悲しい恋の歌なのについ口ずさんでしまう名曲(30代女性)」など、恋人を待つ切ない歌詞が心に響いたという声も上がりました。
 

2:『恋人がサンタクロース』(松任谷由実)

(画像出典:Amazon
1987年公開の映画『私をスキーに連れてって』の挿入歌にもなったことから、スキー場での定番曲にもなっていた、松任谷由実さんの『恋人がサンタクロース』。「昔を思い出す(40代女性)」などの声も寄せられました。

「ユーミンのファンだから(50代男性)」「街中でも流れているから(20代女性)」など、世代を超えてクリスマスの定番曲となっていることがうかがえます。さらに、「この曲を聴いて、夫がサンタクロースになって欲しい(50代女性)」と淡い期待を持つ声もありました。
 

3:『メリクリ』(BoA)

(画像出典:Amazon
「冬の定番曲と言っても過言ではないぐらい、冬の音楽番組などで歌われているから(10代女性)」など、クリスマスだけでなく、聴くと「冬」の訪れを感じるという声が寄せられたBoAさんの『メリクリ』。

「BoAの綺麗な歌声と歌詞がマッチしていて、クリスマス近くになると一番耳にした曲です。冬以外でもこの曲を聞くとクリスマスを思い出します(30代女性)」「クリスマスに近づくと毎年聞いているから。女性の気持ちが歌われていて素敵(20代女性)」「歌詞も大好き(50代男性)」など、大切な人を思う女性の気持ちを描いた歌詞に共感する声も寄せられました。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
クリスマスに観たい映画3選! 男女170人が選ぶ「クリスマスといえば」「何度観ても飽きない」作品とは?
クリスマスに行きたい関東近郊のイルミネーション6選! 男女170人に聞いた「別格」なスポットとは?
「え、これ?」クリスマスにもらって嫌だったプレゼント3選! 男女170人のドン引きエピソードが勢ぞろい
クリスマスにもらってうれしかったプレゼント3選! 男女170人に聞いた「人生で1番の思い出」とは?
横浜赤レンガ倉庫でクリスマスマーケットがスタート! 「ギフト」をテーマとしたツリーも点灯
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」