お正月を華やかに彩る「おせち料理」。昨今は高級化が進み、5万円を超えるような料亭やホテルの高級おせちにも人気が集まっていますが、あなたが好きな定番のおせち料理は?

今回は、All About編集部が実施したアンケート調査をもとに、「好きなおせち料理は何ですか?」の結果をランキングで紹介します。

※アンケートは、下記条件で実施
・男女比:男性 88人/女性 266人/回答しない 3人
・年齢比:10代 4人/20代 60人/30代 106人/40代 98人/50代 65人/60代 21人/70代 1人/不明 2人
・アンケート実施期間:2021年12月11~20日

 

7割以上が「おせちを食べる」

以下に示したのは「おせち料理を手作りしますか?」のアンケート結果を集計したものです。

今回のアンケートでは、「手作りする」が26.9%、「購入する」が44.8%、「作らないし購入もしない」が28.3%という結果になりました。

購入するには値が張り、作れば手間も時間もかかるおせち料理ですが、お正月に欠かせないグルメとしてしっかりと根付いているようです。
 

好きなおせち1位は「栗きんとん」

では最も多くの人が「好き」と答えたおせち料理は? 以下に示したのは「好きなおせち料理は何ですか?」(複数回答)のアンケート結果を集計したものです。


>>「伊達巻」「なます」は何位? 全ランキングはこちら!

 

1位は175票で「栗きんとん」

・ねっとりとした甘すぎないサツマイモに栗が美味しい(50代 女性)
・おせちの時しか食べられなくて甘くておいしいから(40代 女性)
・小さい頃から縁起物として食べてきていて、食べると幸福が来るような気がするから(30代 女性)

甘露煮の栗にサツマイモや栗のあんを絡め、くちなしの実で鮮やかに色付けした子どもにも人気の定番おせち。黄金色の華やかな見た目から金運や勝負運アップを願う縁起物です。

「おいしい! ただそれだけ」「甘くてほっこりする」と縁起うんぬんを抜きにしてもお正月にしか食べられないスペシャルなスイーツとして、甘党の支持を多く集めました。

 

2位は「黒豆」

2位は135票で「黒豆」。

・お正月にしか食べられない手の込んだ甘い物がおいしい(30代 女性)
・黒豆はシンプルな料理ですが、豆本来のうまみをしっかり味わえるから(20代 男性)
・子供の頃、祖父がよくおいしい黒豆を炊いてくれたことを思い出すから(40代 女性)

シンプルながら煮る時間、戻し時間、浸し時間と作るのに数日かかる「黒豆」。「まめに暮らせるように」「まめに働けるように」などの願いが込められています。

1位の栗きんとんとはまた違った素朴な甘さやつまみやすさで「つい手が伸びてしまう」という意見が寄せられました。

 

3位は「数の子」

3位は125票で「数の子」でした。

・コリコリした食感と、ちょっとしたしょっぱさがたまらない(50代 女性)
・さっぱりしていて食べ応えがあり、お酒のつまみになります(40代 女性)
・数の子は大人になってからおいしいと感じるようになった(40代 男性)

ニシンの卵を塩漬けしたもので、「子宝に恵まれますように」との願いが込められた「数の子」。甘めの味付けが多いおせち料理の中で、さっぱりとした塩気とプチプチした食感が特徴的です。

上位2位のスイーツ系おせちに対し、「日本酒に合う」「つまみになる」と辛党の支持を多く集めたようです。

 

【おすすめ記事】
苦手なおせち料理 3位「紅白なます」2位「黒豆」では1位は?「食感が苦手」「しょっぱすぎ」なあの料理
定番のおせち料理 栗きんとんの作り方
黒豆の圧力鍋での作り方!ふっくらツヤツヤ人気レシピ
伊達巻きをフライパンで作る簡単レシピ!定番の卵料理