ファンに聞いた、アニメ『東京リベンジャーズ』で好きな放送回3選! 「感動の回」だったのは?

2021年4月から放送されていた、テレビアニメ『東京リベンジャーズ』。All Aboutが実施した独自アンケート調査の結果、「東リベ」ファンの心をつかんだ、人気の高いアニメ放送回3選をご紹介します! (画像出典:Amazon)

『週刊少年マガジン』で連載中の、和久井健さんによる漫画『東京卍リベンジャーズ』。2021年4月から放送されたテレビアニメは、今まで漫画を読んだことのなかった人をも魅了し、さらにファン層を拡大させました。

そこで、All About編集部は『東京卍リベンジャーズ』について、11月19~30日の期間、10~50代の男女を対象に独自アンケート調査を実施。今回は、「東リベ」ファン127人に聞いた、アニメ『東京リベンジャーズ』で好きな放送回3選をご紹介します。
(画像出典:Amazon
 

1:#1 Reborn 

いまいちパッとしない日常を送っていた26歳の花垣武道が、ある日突然タイムリープしたのは、武道の全盛期でもある「中学2年生」だった12年前でした。

「掴みが今まで見たアニメより良くて続きが見たくなるような描写だった(30代女性)」「一番最初の感動がすごかった! 面白い早く続きが見たいと思わせるスタートでした! (20代女性)」など、普通のヤンキー漫画ではないただならぬ展開に、1話目で心をつかまれたという声も。

さらに、「武道がいじめっ子に勇気を持って子供を助けるシーンが好きです(10代男性)」「マイキーとタケミッチが出会うシーンが好き(40代女性)」などの声も上がりました。
 

2:#24 A Cry baby 

「Official髭男dism」の主題歌『Cry Baby』と同じタイトルに、「いよいよ最終話か……」としみじみ感じたのもつかの間、衝撃的なラストが強く印象に残った人が多いようです。

「ここで終わるのかと(10代男性)」「続きが気になりマンガ買ってしまった(40代女性)」「クリフハンガーの演出(30代男性)」などの声が上がりました。

また、「千冬の宣言がかっこよかった。千冬が武道の努力を見ててくれてたんだとわかり感動しました(20代女性)」「マイキーと半間が握手するシーンがかっこよかった(30代女性)」「大人になったみんなが見られるのと、あまり登場していないキャラの声が聞けたりするから(20代女性)」などのコメントも寄せられました。
 

3:#22 One for all 

「東京卍會」結成秘話、場地圭介と松野千冬の出会いなどが見られる回。タイトル「One for all」は、「一人一人がみんなの為に命を張れるチームにしたい」という「東京卍會」の根底にある思いを表しているのだと納得させられます。

回答者からは「場地さんが仲間思いで、熱くて、本当にカッコよかった(10代女性)」「場地くんの想いに気づいた感動の回(20代女性)」など、場地圭介の隠されていた思いに感動したというコメントが目立ちました。

さらに、「場地の想い、千冬がどうして憧れていたのか全てわかる、漫画でも大好きな回(20代女性)」「場地と千冬の別れのシーンは感動させられました。出会いから別れまでを回想として見せている分、お互いが会えないと思うと切なくなります(30代男性)」「それぞれの登場人物の想いが切なかった(30代女性)」などのコメントも寄せられました。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
ファンに聞いた『東京卍リベンジャーズ』で好きなシーン3選! 「男の友情を見て感動」「泣きました」
映画『東京卍リベンジャーズ』でハマり役だった俳優3選!「もう、この人しかいないでしょ」
ファンに聞いた『東京卍リベンジャーズ』で好きなキャラクター3選! 「絶対的なカリスマ性と喧嘩の強さ」
『鬼滅の刃』の炭治郎を演じてほしい俳優ランキング! 3位「山崎賢人」、2位「佐藤健」、1位は?
『スラムダンク』の「流川楓」を演じてほしい芸能人! 2位の「吉沢亮」を抑えた1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化