言われなければ「肉」! 横浜高島屋×皇朝コラボでヘルシーな代替肉を使った「中華おせち」発売

横浜高島屋で横浜中華街「皇朝」と共同で開発した、ヘルシーな代替肉を使った中華おせちを発売。12月25日まで予約を受け付けており、12月31日には限定30点で店頭販売も行われます。言われなければ肉だと感じるほどの「代替肉」の中華おせちを試食してきました。

横浜高島屋横浜中華街「皇朝(コウチョウ)」と共同で開発した、ヘルシーな代替肉を使った中華おせちを発売。12月25日まで予約を受け付けており、12月31日には限定30点で店頭販売も行われます。言われなければ肉だと感じるほどの「代替肉」を使った中華おせちを試食してきました(画像はすべて筆者撮影)。
 

植物性代替肉を使った中華おせちについて

植物性代替肉使用 中華おせち一段(24×24×5cm、税込1万2960円)
植物性代替肉使用 中華おせち一段(24×24×5cm<3~4人分>、税込1万2960円)

代替肉といえば、大豆ハンバーグを思い浮かべる方も多いと思います。が、近年は技術の進歩で、見た目も食感も「肉」に近いものが増えています。
 

今回、横浜高島屋で販売する「植物性代替肉使用 中華おせち一段」は、横浜中華街でレストランなど7店舗(皇朝・王朝・カフェジャン)を展開する「皇朝」が手掛けました。「中国料理世界大会チャンピオン」が在籍しており、肉まんなどの食べ歩き点心も人気があります。
 

そんな皇朝による代替肉のおせちは、見た目にも味にもこだわっています。内容は次の6品。

  • 香草鶏風 レモンソース掛け
  • 筍とひき肉風 そぼろ煮
  • 牛バラ風 黒胡椒炒め
  • 牛そぼろ風 詰め湯葉巻トリフソース掛け
  • 燻製鴨肉風 よだれソース掛け
  • 蒸し鶏風 葱ソース掛け


日本発のフードテックベンチャー「ネクストミーツ」の代替肉が使われています(※燻製鴨肉風、蒸し鶏風は除く)。代替肉の主な原材料は大豆で、高タンパク・低脂質であることが特長です。
 

代替じゃない! 味も見た目も食感も「肉」!

香草鶏風 レモンソース掛け
香草鶏風 レモンソース掛け


すべてのメニューを試食させてもらいました。驚いたのは、「代替肉」と言われなければ、わからないレベルであること。筆者が特に気に入ったのは「香草鶏風 レモンソース掛け」「牛バラ風 黒胡椒炒め」で、レストランで出てきそうなおいしさです。
 

牛バラ風 黒胡椒炒め
牛バラ風 黒胡椒炒め


皇朝の担当者は「中国にはベジタリアン向けの『素食』『もどき料理』という食文化があります。そちらに倣い、代替肉を使った料理ではありますが、動物由来の調味料や出汁を使っています。完全なるベジタリアン・ヴィーガン向けの商品ではなく、まずは代替肉を知っていただく、おいしく食べていただくことを目指しました。試作を20回、30回と繰り返して完成した今回のおせち。ご家族で楽しんでいただければと思います」と、完成までの苦労を明かしてくれました。
 

左:皇朝グループ 陳 祖明 代表取締役社長 右:横浜高島屋 青木和宏 店長
左:皇朝グループ 陳 祖明 代表取締役社長 右:横浜高島屋 青木和宏 店長。青木店長が直々に陳社長のところに代替肉おせち開発のお願いに行ったのだとか

 

カロリー控えめの代替肉でお正月太りを予防

牛そぼろ風 詰め湯葉巻トリフソース掛け
牛そぼろ風 詰め湯葉巻トリフソース掛け


牛肉風のメニューには、牛脂を少し入れ、牛肉の味に近づけているそう。味は牛肉でありながら低脂質で、カロリー控えめなのがうれしいですね。
 

燻製鴨肉風 よだれソース掛け
燻製鴨肉風 よだれソース掛け


「健康志向の高まりを受け、代替肉を使ったおせちを企画いたしました。代替肉と中華との相性は良かったですね。どのメニューが好みか、など、おせちを囲んで会話するきっかけにもなれば、と思います。代替肉は高タンパクで低脂質、カロリーが控えめですので、体重増の予防にもつながるのではないでしょうか」(横浜高島屋おせち担当 猿田さん)
 

予約受付は12月25日まで、店頭もしくは電話(045-311-5111)にて。価格は税込1万2960円。受け渡しは、12月31日に8階のおせち特設会場にて行われます。このほか、12月31日で同会場で行われる即売会でも、30点限定で販売予定です。
 

・URL:横浜高島屋 おせち料理<2022>

 

【おすすめ記事】

横浜駅西口に蝶が舞う赤いオーロラが出現「ヨコハマイルミネーション2021」 見たら幸せになれるかも!
ベトナムで人気!「エッグコーヒー」の老舗カフェが横浜中華街へ
まだ間に合う! 横浜ホテル&スイーツブランドの絶品クリスマスケーキ11選
横浜ベイシェラトンでチャリティーオークションはじまる! 横浜のプロスポーツチームもサイングッズ出品
横浜駅からみなとみらいまでイルミネーションで結ぶ「ヨコハマミライト 2021」がスタート! 約1.5kmを歩いてみた

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」