ローソンの「たっぷりクリームとフルーツのタルト」はその名の通り“たっぷり”なタルトだった!

ローソンが11月2日に関東エリアで発売した「たっぷりクリームとフルーツのタルト(那須塩原市産牛乳)」。販売エリアに含まれる栃木県那須塩原市産の牛乳入りクリームをたっぷりと使用した、ご当地感のあるスイーツです。

「たっぷりクリームとフルーツのタルト(那須塩原市産牛乳)」


ローソンが11月2日に関東地域の店舗を対象に発売した「たっぷりクリームとフルーツのタルト(那須塩原市産牛乳)」(税込320円)。販売エリアに含まれる栃木県那須塩原市産の牛乳入りクリームをたっぷりと使用した、ご当地感のあるスイーツです。実際に食べてみた様子をレポートします!
 

クリームとフルーツたっぷりのぜいたくタルト

たっぷりのホイップクリーム

クリームに栃木県那須塩原市産の牛乳を使っているという、こちらのスイーツ。渦を巻いたホイップクリームが、まるでもくもくの入道雲のようです。パッケージには、「ふわ雪仕立て」という文字が。一体どんな食感のクリームなのか、期待が高まります。
 
フルーツはイチゴやキウイ、ピーチなどを使用

半分にカットしてみると、ホイップクリームの中にはイチゴやキウイなど数種類のフルーツがぜいたくに入っています。タルト生地とフルーツの間には、カスタードホイップクリームも。このカスタードクリームにも、栃木県那須塩原市産の牛乳が使用されているようです。
 
フルーツの周りには栃木県那須塩原市産の牛乳入りのカスタードホイップクリーム


まず初めに、たっぷりのホイップクリームからいただいてみると、ふわっと優しい口どけの食感。そして、コクを感じながらもさっぱりとした味わいが口の中に広がります。続いて、フルーツ、カスタードホイップクリームと一緒に食べてみると、クリームの甘さとフルーツの甘酸っぱさのハーモニーが、幼い頃に食べたショートケーキを思い起こさせました。
 

古い記憶が呼び起こされるようにノスタルジックな気分に浸りながら、タルト生地を口に運んだ瞬間、ハッと我に返ります。硬めのさっくりとしたタルト生地を食べてしまえば、もうショートケーキ感はなく、クリームたっぷりのフルーツタルトを食べているという実感がしっかりとあります。
 

タルトの上の部分だけ、そしてタルト生地と一緒に。交互に食べて、昔と今を行ったり来たりするような感覚をつかの間楽しみます。たっぷりのクリームとフルーツというぜいたく感もさることながら、個人的にはおいしかったケーキの記憶も一緒に味わえて、心まで満たされるような気持ちになりました。
 

皆さんは、このタルトを食べて何を感じるでしょうか? ぜひお気に入りの紅茶と合わせて、ぜいたくなティータイムをお楽しみください。


【おすすめ記事】
ローソンで「焼きいも」を販売! 約3000店のレジカウンターでほくほくの秋の味覚を新定番に
DEAN & DELUCA、「抹茶ピスタチオ」と「ほうじ茶マロン」の季節限定ドリンクを発売
マックカフェ限定「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ」が復活! チョコづくしのぜいたくスイーツ
スタバのホリデーシーズン到来! ありそうでなかった“チョコ&ストロベリー”の絶品フラペを実食
ファミマが「メロンパンアイス」をリニューアルして数量限定発売! ザクザク&濃厚さがアップ


【関連リンク】
ローソン

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」