マックカフェ限定「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ」が復活! チョコづくしのぜいたくスイーツ

マックカフェ バイ バリスタは、期間限定で「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ」を販売中。ゴディバとのコラボということで、話題になっています。どれほどおいしいのか、早速実食してみました。

「McCafé by Barista」の「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ」(画像は全て筆者撮影)


「McCafé by Barista」(以下、マックカフェ バイ バリスタ)は、10月13日~11月下旬の期間限定で「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ」を販売中です。ゴディバとのコラボということで、話題になっていますよね。どれほどおいしいのか気になるところです。
 

「マックカフェ バイ バリスタ」でしか買えない

期間限定フラッペの売れ筋NO.1の人気のフラッペ


「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ」は、期間限定フラッペの売れ筋No.1商品(マックカフェ バイ バリスタで歴代販売した期間限定フラッペの、発売から1カ月間の販売実績を集計)。2020年に初登場して、予想を大幅に上回る人気ぶりで予定より早く販売終了となったフラッペです。
 

そんな人気商品ですが、通常のマクドナルドの店舗では買うことができません。マックカフェ バイ バリスタが併設されている店舗のみなので、事前に確認する必要があります。
 

メニューは2種類

今回発売したメニューは、全部で2種類。「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ」と、同メニューにマカロンをプラスした「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ&マカロン」です。
 

「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ&マカロン」にトッピングされているのは「マカロン プラリネ」。ナッツの香ばしさが特長の新しいフレーバーのマカロンです。
 

チョコ好きにはたまらないチョコづくしの「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ」

濃厚なチョコレートフラッペ

今回筆者が購入したのは「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ」。ベースになっているのがカカオマスを配合したダークチョコレートソース、香り高いエスプレッソとミルクを混ぜ合わせたチョコレートフラッペです。
 
チョコホイップ

これだけでもかなり濃厚なチョコの味なのですが、さらにホイップもかかっています。このホイップ、もちろんチョコホイップです。
 
ベルギー産クーベルチュールチョコレートソースがかかっている


そしてベルギー産クーベルチュールチョコレートソース(カカオ分の54%がベルギー産チョコレート由来)がトッピングされているので、最初のひと口から最後のひと口までチョコづくし。
 

溶けてくるとさらにおいしい

時間が経ってもおいしい


時間の経過とともにチョコレートフラッペが溶けてきて、チョコホイップと混ぜやすくなります。これらを混ぜると、とてもクリーミーで滑らかな口当たりに。
 

気になる価格は

「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ」はMサイズで540円(税込)、「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ&マカロン」はMサイズで640円(税込)です。いずれも11月下旬までの販売予定ですが、なくなり次第終了となります。
 

繰り返しになりますが、販売は、全国のマックカフェ バイ バリスタ併設マクドナルド店舗(全国163店舗。2021年10月13日時点)なので事前に確認しておきましょう。


【おすすめ記事】
スタバのホリデーシーズン到来! ありそうでなかった“チョコ&ストロベリー”の絶品フラペを実食
DEAN & DELUCA、「抹茶ピスタチオ」と「ほうじ茶マロン」の季節限定ドリンクを発売
カルディの2022年「福袋」抽選受付は11月7日まで! 気になる中身は……?
モスバーガー、リラックマのマグ付き「リラックマセット」を数量限定で販売
ケンタッキー、「スヌーピー」のマグ付きメニューを発売! “仲良しハグ”デザインで身も心もほっこり


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは