ナチュラルローソンが「台湾フェア」を開催! 台湾観光局監修の商品も

ローソンは、首都圏のナチュラルローソンで「台湾フェア」を10月5日より順次開催します。定番の台湾料理をイメージしたオリジナル商品合計10品販売します。より現地の味に近づけるため、中には台湾観光局監修の商品もあります。

ローソンは、首都圏のナチュラルローソンで「台湾フェア」を10月5日より順次開催します。
 

「台湾フェア」は2018年1月に第1回を開催し、今回で5回目。回を追うごとに対象商品を拡大し、前回2019年7月実施の売上は初回対比で約3.5倍に拡大するなど、多くの人から人気を得ている企画です。
 

台湾観光局監修のオリジナル商品も

「魯肉飯のわっぱ風弁当」
「魯肉飯のわっぱ風弁当」(税込550円)


定番の台湾料理をイメージし、オリジナル商品の弁当や麺類、調理パンからデザートまで合計10品を販売します。より現地の味に近づけるため、中には台湾観光局監修の商品もそろえました。
 

台湾の定番料理・魯肉飯(ルーローハン)をわっぱ風の容器に入れた弁当「魯肉飯のわっぱ風弁当」(税込550円)は、台湾観光局東京事務所のアドバイスで、厚揚げとメンマを加えています。魯肉飯の具材をイメージした肉や野菜をトルティーヤで巻いた「トルティーヤ魯肉」(税込450円)や、台湾の人気家庭料理・焼ビーフンをイメージした「台湾風焼ビーフン」(税込499円)なども台湾観光局東京事務所の監修です。

「台湾風焼ビーフン」(税込499円)
「台湾風焼ビーフン」(税込499円)


そのほか、「台湾風豆乳粥」(税込499円)や「台湾担仔麺」(税込499円)、「台湾サンドイッチ(ルーローサラダ&オムレツ)」(税込450円)、「台湾風豆乳スープ」(税込420円)、「干し海老とパクチーの豆腐干サラダ」(税込499 円)、「豆花(冬瓜茶&ジャスミン)」(税込450円)、「台湾風ルーロー包」(税込248円)などが販売されます。
 

またオリジナル商品のほか、台湾茶や菓子など30品以上の関連商品も販売。台湾好きにはたまらないフェアとなっています。海外に行くことが難しい今、国内で海外気分を味わえるうれしいフェアですね。


【おすすめ記事】
ローソンが「重慶飯店」監修チルド惣菜を発売! プリプリ食感のエビチリなど本格中華が家で楽しめる
贅沢すぎる濃厚エクレア! ゴディバ監修のローソン新作「エクレール ショコラキャラメル」を実食レポ
ローソン100で「100円おでん」発売! 16種の具材と4種の“ご当地風だし”が順次登場
ローソン秋の最新作スイーツ4品を発表! 注目は“バスチー超え”を目指す「生ガトーショコラ」

【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化