『鬼滅の刃』で幼馴染にしたいキャラ! 2位の「我妻善逸」を抑えた「一緒にいても疲れなさそう」な1位は?

『鬼滅の刃』で幼馴染にしたいキャラランキング! 3位の「竈門禰豆子」、2位の「我妻善逸」を抑えて1位に選ばれたのは? 「このキャラも?」と思うような少数派キャラもご紹介します。(画像出典:アニプレックス 公式YouTubeチャンネル)

vivianeは、2021年12月5日からいよいよアニメ2期の放送がスタートする『鬼滅の刃』の中で「幼馴染にしたい」キャラランキングを発表! 調査は、全国10~60代の男女500人を対象に、2021年9月14~15日までの期間、インターネット上で実施しました。
 

3位:「竈門禰豆子」(12.6%)

(アニプレックス 公式YouTubeチャンネル)

鬼になってしまったため、言葉を発するシーンは滅多に登場しない竈門禰豆子。ですが、鬼の性質に打ち勝つ場面や人間を守る姿を見ると、優しくてとても強い心を持っていることがわかります。炭治郎の回想シーンで見る幼い禰豆子は、明るく、愛らしくて一緒に駆け回りたくなりますね。

回答者からは、「小さい時に夏祭りに一緒に行った、という思い出を作りたい(30代男性)」「家にいつも勝手に入ってきて家族にとけ込んでいる感じで毎日をすごしたいです(30代男性)」「かわいいので大好きです。いっしょにおままごとやお化粧の練習をしたいです(40代女性)」などのコメントが見られました。
 

2位:「我妻善逸」(13.0%)

(アニプレックス 公式YouTubeチャンネル)

臆病でビクビクしていて女好き……ヘタレ姿を見せることが多い我妻善逸。一緒にいて退屈することがなさそうですが、彼の魅力はそれだけはありません。根がとても優しく、いざというときはとことん守ってくれそうな頼もしさも支持される一面のようです。

回答者からは、「昔は自分よりも背が低く声も甲高かったのに、いつの間にか追い越されているあの感覚を味わいたい(20代女性)」「保育園のお泊まり会での肝試しで、善逸が号泣した事をずっとからかう(20代女性)」「普段は頼りないけど、いざというときに助けてくれそう(30代男性)」などのコメントが寄せられました。
 

1位:「竈門炭治郎」(20.2%)

(アニプレックス 公式YouTubeチャンネル)

誰に対しても優しく、真っ直ぐで忍耐強く、努力家の竈門炭治郎。人間性の素晴らしさは挙げたらキリがありません。ちょっとズレてる天然っぽいところも愛らしいですよね。落ち込んでいるときは、とことん励ましてくれそうな、温かい人柄が魅力です。

回答者からは、「元気がないときに優しく背中を押してくれそう。子供の頃両思いで、ずっと仲良しでいようね、と約束をしたい(20代女性)」「お互いの家族と気を遣わないような関係でいたい。泊まりに行ったり(30代男性)」「性格がとんがっていなくて一緒に居ても疲れさなそう(50代男性)」などのコメントが見られました。
 

「めっちゃ愛して止めてあげたい」……このキャラも? な少数派意見!

「累。鬼になって家族ごっこを始める前に、めっちゃ愛して止めてあげたい(20代女性)」「時透無一郎。一緒に雲を眺めたい(30代男性)」「甘露寺蜜璃。背伸びたね? と言われてみたい(30代男性)」 「鬼舞辻無惨。道を踏み外しそうになったら手を差し伸べたいから(20代女性)」など、それぞれが好きなキャラへの妄想が止まらないコメントも見られました。

>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
『鬼滅の刃』の炭治郎を演じてほしい俳優ランキング! 3位「山崎賢人」、2位「佐藤健」、1位は?
『鬼滅の刃』好きなキャラクターランキング! 3位「冨岡義勇」、2位「我妻善逸」、1位は?
『鬼滅の刃』の禰豆子を演じてほしい女優ランキング! 「永野芽郁」「浜辺美波」を抑えた圧倒的1位は?
『鬼滅の刃』アニメ第1期で「好きな回」ランキング! 2位「柱合会議(第23話)」、1位は?

【関連リンク】
1screen
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応