ローソン×ゴディバ新作「ビスキュイ ショコラキャラメル」を実食! 本格派の複雑な味わいに舌鼓…

ローソンが9月14日から発売している、ゴディバ監修の新作スイーツ「ビスキュイ ショコラキャラメル」を実食レポート! コンビニスイーツの域を超えた複雑な味わいに驚きます。

ローソン×ゴディバのコラボスイーツに、新作が登場! 9月14日からローソン100を除く全国のローソン店舗で、「ビスキュイ ショコラキャラメル」「エクレール ショコラキャラメル」の2品が発売されています。今回は「ビスキュイ ショコラキャラメル」を実食レポート。コンビニスイーツの域を超えた、複雑な味わいに驚きます!
 

「Uchi Café × GODIVA ビスキュイ ショコラキャラメル」

「Uchi Café × GODIVA ビスキュイ ショコラキャラメル」450円(税込)


2017年からゴディバ監修のスイーツを発売している、ローソン。これまでに45商品、累計で3700万個以上を販売しており、どれもちょっとした贅沢を感じられる味わいになっています。

9月14日からは「ショコラキャラメル」を使った2商品が並びます。そのひとつが「Uchi Café × GODIVA ビスキュイ ショコラキャラメル」
 

高級感あふれるショコラケーキ


ビスキュイ、チョコクリーム、キャラメルクリーム、ガナッシュクリーム、クランチを合わせたショコラケーキです。さっそく開けてみたところ、ケーキのどこにも触れずにふたが開けられることにまず感動してしまいました。

トップには「Uchi Café × GODIVA」のチョコプレートが飾られており、手前と奥にビスキュイ生地が置かれています。
 
おなじみ「Uchi Café × GODIVA」のチョコプレートもあります

こちらは上から見た図。ローソンで購入後、自転車のカゴに載せて自宅まで持ち帰りましたが、まったく崩れていません。土台がしっかりと付いているためか、安定感がすごいです。
 
しっとり感とふわふわ感の両方が楽しめるビスキュイ

 

ビスキュイは、スポンジケーキのように軽くてふわふわ。しっとり感もあり、口の中でやわらかく溶けていきます。
 

チョコレートとキャラメルを軸にした多層構造

 

断面を見てみると、複雑な多層構造! チョコプレートの下にある濃い色がガナッシュクリーム、その下にキャラメルクリーム。中央には先ほどのビスキュイ生地と、カリッとした食感のクランチが入っています。全体を覆うのは、淡い色合いのチョコレートクリーム。
 

仕事終わりや休日にゆっくり食べたくなる贅沢な味……!​​​


粘度のある濃い色のガナッシュクリームは、甘さ控えめ。ほろ苦さの中に、カカオの果実味も感じられます。キャラメルクリームはこってりと濃厚で、キャラメルならではの香ばしさもあり。それぞれ個性ある味わいを、コクのある淡い色のチョコクリームがサラッと優しい甘さでまとめ上げています。

真ん中のクランチはフォークで簡単に刺せないほどかたいのですが、その食感がまた良い! ガリガリ、ザクザクとした食べ心地がアクセントになっています。まわりのビスキュイでチョコレートクリームをディップしたり、それぞれの味わいをそのまま楽しんだり。色々な食べ方でおいしさを堪能できそう。
 

9月14日から発売中(写真はすべて筆者撮影)

1個450円(税込)と少しお値段は張りますが、さまざまな要素を組み合わせた味の重なりでコンビニスイーツの域を超えた完成度だと感じました。

ちなみに私は自宅近くのローソンをまわり、4店舗目でようやくゲット。あくまで個人の印象ですが、15~18時くらいなら入手しやすいように感じました。見つけたらぜひ食べてみてくださいね!

【おすすめ記事】
秋といえば“さつまいも”! セブン-イレブンで見つけた「濃厚さつまいもスイーツ」3つを実食レポ
ファミマで“お芋掘り”! 秋の味覚「さつまいもスイーツ」4種を食べ比べ!
ローソンの新作バスチーは「コーン味」!焼きトウモロコシを連想させる意外なおいしさ
ファミマから懐かしのスイーツたちが期間限定で復活!サンクスやam/pmのヒット商品にまた会える
ローソンから美しい「スイートポテト」が登場!とろ~り流れ出すソースにも注目

【関連リンク】
ローソン

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない