子育て中のママに聞いた「便利だったベビーグッズ」! 2位「鼻水吸引機」、1位は?

妊娠中に「出産準備リスト」を作り、子育てにおける様々な便利グッズや育児グッズなどを揃えるママも多いのではないでしょうか? 今回は、現在子育て中のママに、実体験を通して「あって便利だったベビーグッズ」を聞きました。

エデュテは9月7日、子育て中のママに聞いた「あって便利だったベビーグッズ」を公表しました。調査は、20~40代で0~5歳までの子どもの子育てをしているママ50人を対象に、2021年8月17〜25日の期間でインターネットにより実施。現在子育て中のママが、実体験を通して「あって便利だったベビーグッズ」はどのようなものなのでしょうか?
 

便利だったベビーグッズTOP3! 1位は「抱っこ紐」

便利だったベビーグッズTOP3!
子育て中のママに聞いた、「便利だったベビーグッズ」1位は「抱っこ紐」でした。次いで、2位は「鼻水吸引機」、3位は「ベビーモニター」でした。
 

第3位:「ベビーモニター」(14.3%)

別室でも赤ちゃんの様子を確認できる「ベビーモニター」が3位。

回答者からは、「離れた部屋で寝ていたので、モニターのおかげで離れていても安心できた(30代/0歳児のママ)」「子どもが寝ている間に色々としたくても、なかなか離れられなかったので、途中で購入しました(40代/2歳児のママ)」「寝かした後に寝返り等していないかを別室で確認出来て安心だった(30代/0歳児のママ)」などのコメントが見られました。
 

第2位:「鼻水吸引機」(25.0%)

第2位は、鼻をかめない赤ちゃんの鼻風邪防止アイテム「鼻水吸引機」。今回調査対象のママのほとんどが、手動式ではなく自動式の鼻水吸引機を利用していました。

回答者からは、「よく風邪をひく子だったので、鼻水を吸い取ってあげると中耳炎になる可能性が低くなるとかかりつけ医の助言で購入を決めました(30代/3歳児のママ)」「手動だと時間もかかり母子ともにストレスがあるが、自動だと嫌がりはするもののすぐ終わるので新生時期から購入しておけば良かった(30代/1歳児のママ)」などのコメントが寄せられました。
 

第1位:「抱っこ紐」(37.5%)

1位は「抱っこ紐」でした。病院での検診や買い物など、赤ちゃんを連れての外出時だけでなく、家事をするときや、寝かしつけに使っているママも多い抱っこ紐。

回答者からは、「寝かせるとき、家事をするときやお出かけするときなど、家の内外に関わらず必要不可欠なものだった(30代/1歳児のママ)」「ベビーカーは泣いて乗らないこともあるけど、抱っこ紐は絶対に泣かないし寝てくれる(20代/0歳児のママ)」「素早く安全に、どこへでも子どもを連れて行ける(30代/1歳児のママ)」などのコメントが集まりました。

また「おんぶもできる抱っこ紐で低月齢の時は抱っこ、4カ月になってからは家事中など毎日おんぶをしていてとても助かった。2人目には必須アイテムでした! (30代/1歳児のママ)」「2人目育児では必ず必要(30代/0歳児のママ)」など、ママ自身も動き回ることが多い、2人目育児には欠かせないというコメントも見られました。

【おすすめ記事】
子育て中のママに聞いた「使わなかったベビーグッズ」! 2位「搾乳機」、1位は?
泣き止まない赤ちゃんの放置・無視は禁物!泣く赤ちゃんへの対処法
トイトレ・うんちの壁!トイレトレーニングでうんちだけできない子へ
揺さぶられっ子症候群とは…注意すべき症状や気を付けるべきこと

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応