葬儀を行う上で大変だったことランキング! 2位「身近に情報が少なかった」、90%が選んだ1位は?

お葬式を主催する立場に立つことは、めったにあることではありません。そのため、万が一のときにどうやって手配すればいいかわからない人は多いのではないでしょうか。家族葬を行った人に調査を行い、大変だったことやコロナ禍ならではの悩みを聞きました。

 

葬儀を行う上で大変だったこと、コロナ禍で葬儀を行うにあたって困ったこと全ランキング


■葬儀を行う上で大変だったことランキング1〜10位
 
葬儀を行う上で大変だったこと
葬儀を行う上で大変だったこと


■コロナ禍の葬儀で大変だったことランキング1〜10位
 
コロナ禍での葬儀で大変だったこと
コロナ禍での葬儀で大変だったこと


コロナ禍で葬儀を行うにあたって困ったことランキング第1位は「訃報を誰にどこまで連絡するのか」でした。88%の人がコロナ禍の葬儀で他県や日常的に会うわけではない親戚や友人など、「どこまで連絡して、どこまで来てもらってよいのか悩んだ」と回答しました。コロナ禍以前では7位であったことと比較すると、コロナ禍で強まった悩みであるといえます。
 

第3位に上がったのが「お葬式のかたち・プラン」。コロナ禍以前のアンケートでは5位でした。悩んでいる人の割合も57%から87%までアップしています。感染拡大防止に伴い地域によっては火葬場や葬儀ホールの人数制限や利用規約が厳しくなったという背景もあり、コロナ禍で葬儀を行う遺族にとって、お葬式の形式・規模は大きな悩みであることが明らかになりました。


■葬儀を執り行う際に大変だと感じた経験がありますか?

葬儀を執り行う際に大変だと感じたことがありますか
葬儀を執り行う際に大変だと感じたことがありますか


>記事に戻る



【おすすめ記事】
「お気を落とされませんように」などお悔みの挨拶・言葉の例&マナー
お通夜の服装、私服でもいい?お葬式の服装マナー
葬儀後も線香やロウソクを絶やしてはいけない?
喪服が黒いのはなぜ?その理由と意味とは
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化