「地名」と水害は関係ない? 台風シーズンに再確認したい“本当”の災害リスク【気象予報士が解説】

記録的な大雨により水害が頻発しています。自分の住む地域は大丈夫だろうかと不安に感じる人も多いと思います。こうした時、地名と水害の関係が注目されますが、果たして本当に地名によって洪水や土砂災害のリスクが分かるのでしょうか? 気象予報士が解説します。

「地名」と水害の関係

「経験したことのない大雨」ということばをよく聞くようになりました。近年はこれまでの記録を上回る大雨により大きな水害が頻発しています。先日も停滞する前線の影響で西日本や東日本を中心に各地で河川の氾濫や土砂災害が発生しました。こうした大雨が続くと「自分の住む地域は大丈夫だろうか」と不安になる人も多いのではないでしょうか? 
令和元年台風19号で増水した荒川土手
こうした時に注目されるのが「地名」と水害の関係です。地名は昔の人が土地の特徴や目印として呼んだことばが多く、その土地の持つ性質を知る手がかりになるといわれています。
 
たとえば、イケやクボなど水に関連した言葉が地名に含まれる場合、かつて湿地や川が流れていた場所だった可能性があります。大雨の時に水がたまりやすく、地震の際に揺れや液状化の被害を受けるリスクがあると考えられます。
 
そのほかアクツやウキ、カモ、ソネは湿地や氾濫原を表す地名アイ・エダは川の合流地点を表す地名だといわれています。
 

「安全な地名」は存在しない? 合併などにより改名の可能性も

しかし、現在は市町村の合併や土地の区画整理などにより新しい地名が付けられ、土地の特徴とは関係のない名前に変わっていることがあります。たとえば、埼玉県の南東部は、かつて「新田村」という地名でしたが、昭和30年の町村合併で「草加市」に改名されています。田を表す地名が付いているところは、洪水時に水につかりやすく、旧新田村も大部分が氾濫平野でしたが、現在の地名からは読み取れません。

また、地名は同じ読みの漢字に変わる場合もあります。たとえば、先ほど挙げた水がたまりやすい場所を示す「クボ」は「窪」のほか、「久保」と表現されることがあります。このため地名のみから防災上のリスクを知ることは大変難しいのです。
 

経験したことのない大雨が多発! 水害リスクの小さかった場所も油断大敵

さらに、最近はこれまでの記録を更新する大雨が相次いで起きています。地球温暖化等の影響により、このまま地球の平均気温が上昇すると、雨雲のもとになる水蒸気の供給が増えるため今後も記録的な大雨は次々に起こるおそれがあります。

2021年も8月11日からの長雨の影響で、九州では佐賀県嬉野市など降り始めからの雨の量が1000ミリを超えた地点がいくつもありました。たった数日間で平年の1年間の降水量の半分ほどの雨が降るなど過去の経験からは考えられないような現象が起きています。以前は水害の危険性が小さかった場所でも被害が発生する可能性は十分に考えられます
2021年8月14日の天気図 前線が停滞し西・東日本中心に広範囲で大雨に
2021年8月14日の天気図。前線が停滞し西・東日本中心に広範囲で大雨に
 

すぐわかる!「ハザードマップ」の活用で災害のリスクを知ろう

そこでぜひ活用してほしいのが自分の住む土地の災害リスクを知れる「ハザードマップ」です。ハザードマップでは土砂災害や河川の洪水、浸水のほか、高潮や津波の危険性についても調べることができます。
 
土砂災害のおそれのある地区は「土砂災害警戒区域」や「土砂災害危険個所」、大雨により河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域は「洪水浸水想定区域」とされています。お住まいの地域がこうした区域に該当する場合は、大雨や台風の接近が予想された際、早め早めに気象情報を入手し、自治体からの避難情報に注意する必要があります。
重ねるハザードマップ  2021年8月佐賀県・六角川で氾濫が発生した
2021年8月、佐賀県・六角川で氾濫が発生 色の付いた箇所は河川が氾濫した際に浸水が想定される区域 出典:国土交通省「重ねるハザードマップ」
国土交通省の「重ねるハザードマップ」では、ホームページ上で住所を入力するとすぐに災害ごとのリスクを確認することができます。ハザードマップの活用というと難しいことのように聞こえるかもしれませんが、スマートフォン上でも簡単に確認できるためぜひ利用していただきたいです。インターネットの操作が苦手な高齢のご家族等がいる場合は、周りの方が調べて伝えてあげてください。


参考:国土交通省 国土地理院 コラム「地名と水害 土地のもつ性質を探る手がかり」


【関連記事】
台風の「大きさ」はどこでわかる? 意外と知らない「進路予想図」の正しい見方
「遠くの雷」も実は危険?急変のサインは?落雷から身を守るための「正しい知識」
よーく見ると確かに…歴史に残る「五輪台風」とは?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在