不動産のプロが回答!上半期に問合せが多かった設備ランキング 2位は「オートロック」、1位は?

アットホームは、2021年1月以降に賃貸居住用物件を探しているお客さまの接客を担当したことがある全国のアットホーム加盟店を対象に、インターネットによるアンケート調査を実施。今回の結果を受け、「2021年上半期 問合せが多かった条件・設備」が判明しましたので、ランキング形式で発表します。

アットホームは、2021年1月以降に賃貸居住用物件を探しているお客さまの接客を担当したことがある全国のアットホーム加盟店847店を対象に、インターネットによるアンケート調査を実施。「2021年上半期 問合せが多かった条件・設備」が判明しましたので、ランキング形式で発表します。
 

条件編1位は「毎月の家賃を下げたい」



まずはじめに、不動産会社のスタッフに2021年上半期に問合せが多かった条件を聞いたところ、1位は「毎月の家賃を下げたい」という内容でした。

不動産会社のコメントでは、「コロナにより収入が減ったため、現在の住まいより家賃の低い物件を探しているお客さまがいた」という声が複数あがりました。家賃以外にも「契約時の初期費用を少しでも抑えたいお客さまが多かった」など、初期費用に関する要望も多かったようです。

次いで「転勤のため引っ越したい」が2位、「今より部屋数を増やしたい」が3位にランクイン。

不動産会社からは「部屋を増やしたいなど、コロナ禍でテレワークの環境を整えたい人が増えているように感じた」「現状と同じ家賃で、広めのお部屋への住替えや、郊外への引越し、在宅勤務のために防音に優れたRC(鉄筋コンクリート)やSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)への住替えをご希望されるお客さまが目立った」という声や、「在宅時間が長くなったため、家賃を増額してでも気にいったお部屋に住みたいというお客さまが増えた」という声もあるなど、住まいに求める役割が多様化していることが特徴的です。
 

設備編1位は、全体の約4割を占めた「インターネット接続料無料」 



続いて、設備面についても調査を実施。「2021年1月以降、賃貸居住用物件を探しているお客さまから、問合せが多かった・人気のあった設備等を教えてください。(複数回答)」という質問に対し、「インターネット接続料無料」が43.2%を占め1位となりました。

個人で契約をしなくてもインターネット回線を無料で利用できるため、コロナ禍でオンライン授業やテレワークを実施する人にとってはとても便利な設備です。不動産会社からも、「テレワーク推奨の業種のお客さまが多く、インターネット接続料無料もしくは光回線が利用できるかどうかを確認するお客さまがほとんどだった」という声がありました。

また、2位は「オートロック」、3位は「モニタ付きインターホン」と、セキュリティーに関する設備がランクイン。在宅時間が長くなった影響で、防犯面を気にしながら住まいを探す人が増えたようです。

コロナ禍の影響で、いまだ家で過ごす時間が多い昨今。賃貸物件にお住まいの方は、ぜひ一度、条件や設備などを見直してみてはいかがでしょうか。

【おすすめ記事】
賃貸でもスマホを家の鍵にできるって知ってた? スマートロックのおすすめ4選! ガジェット好きライターが解説
家のネットが遅い? 「Googleインターネット速度テスト」で調べる方法
パソコンがWi-Fiに繋がらない・接続できないときのチェック項目11【Windows】
マンションのインターネット回線は何を選べばよいのか

【関連リンク】
プレスリリース

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在